読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

Law & Order シーズン20 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第20シーズン。 あらすじ ついに最終シーズンとなるシーズン20。NY地方検事局、27分署とも、前シーズンからレギュラーの変更はない。しかし27分署では、ヴァン・ビューレン警部補…

ハウス・オブ・カード 第5話:海外ドラマレビュー

『ハウス・オブ・カード~野望の階段~』第5話。今気づいたんだけど、原語ではエピソードカウントは Chapter なんだ。第5章とするほうが適当なのかな? で、今回は法案を通すために内容を妥協したために生まれた教員組合側との軋轢がフランクを妨害する。 エ…

Law & Order シーズン19 - 海外ドラマ全話レビュー

第19シーズンの5段階評価つき140文字エピソードガイド・感想。前シーズン後半でグリーン刑事から交代したバーナード刑事が引き続きレギュラーに。検事選に挑むマッコイ検事の正義追及はますます激しくなる。

ハウス・オブ・カード 第4話:海外ドラマレビュー

今回は下院のトップとNo.2を相手に立ち回り、二人を篭絡して法案を通そうとするフランク。まさに知的ゲームの楽しさだ。一方その犠牲となる面々もいて……。

Law & Order シーズン7 - 海外ドラマ全話レビュー

第7シーズンの5段階評価つき140文字エピソードガイド・感想。今シーズンはキンケイド検事補に代わりジェイミー・ロス検事補が登場。今までにないアグレッシブなアシスタントで、マッコイ主席検事補と名コンビとなる。

ハウス・オブ・カード 第3話:海外ドラマレビュー

第3話はフランクの地元選挙区での駆け引きがメインストーリー。しかし見どころは中央のメインキャラの動きにある。ゾーイとフランクのエロティックな対話が楽しい。

Law & Order シーズン18 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第18シーズン。 あらすじ ジャック・マッコイが、アーサー・ブランチに代わりいよいよNY群地方検事となる。かつて政治を嫌っていた彼は、その正義を貫くため敢えて政治の世界へと…

ハウス・オブ・カード 第2話:海外ドラマレビュー

エミー賞での評判も良いNetfrixの政治ドラマ、第2話は流れるように陰謀が進み、その心地よさがクセになる。クセのあるキャラも動き始めた。 エピソードガイド あらすじ ホワイトハウスへの逆襲を進める下院議員フランク・アンダーウッドは、ワシントン・ヘラ…

ハウス・オブ・カード 第1話:海外ドラマレビュー

『ハウス・オブ・カード ~野望の階段~』は、同名小説およびイギリスBBCのミニシリーズを翻案したアメリカのテレビシリーズ。ジョージ・クルーニー主演映画『スーパーテューズディ』の原作者、ボー・ウィリモンが再びワシントン政治の神髄を描く。 あらすじ…

Law & Order 全456話エピソードガイド&レビュー まとめ

海外ドラマ『ロー&オーダー (Law & Order)』の全エピソード 20シーズン456話を、Twitterを使ってすべてレビュー(あらすじ&感想)するという無謀なプロジェクト。Weblog『圏外日誌』に書かれた各シーズンレビューへのリンクがあります。 Law&Orderとは ロ…

Law & Order シーズン6 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第6シーズン。 あらすじ 不祥事で巡査に降格、異動となったローガン刑事に代わり若手のレイ・カーティス刑事が27分署に着任する。ペルーとプエルトリコの複雑な血を引く彼は、保守…

Law & Order シーズン5 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使ったロー&オーダー おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第5シーズン。 あらすじ 退職したストーン検事補に代わり、いよいよ番組の顔となるジャック・マッコイ(サム・ウォーターストン)が主席検事補として登場する。ストーンと違い声…

Law & Order シーズン17 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第17シーズン。 あらすじ 27分署では引退したフォンタナ刑事に代わり新米女性刑事のニーナ・キャサディ(ミレーナ・ゴヴィッチ)が配属となる。偶然挙げた功績とその美貌によるPR…

Law & Order シーズン16 全話レビュー

Twitterを使ったロー&オーダー おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第16シーズン。 あらすじ NY市警27分署、ヴァン・ビューレン警部補の率いる刑事分隊では、凶弾に倒れ戦線を離れていたグリーン刑事が復帰。ファルコ刑事に代わってフォンタナ刑事…

Law & Order シーズン4 ‐ 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使ったロー&オーダー おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第4シーズン。 あらすじ 刑事分隊のボスとしてブリスコー刑事、ローガン刑事を率いてきたクレイゲン警部が(物語では語られないものの)汚職防止タスクフォースへの移動という形…

Law&Order シーズン3 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使ったロー&オーダー おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第3シーズン。 あらすじ 国際問題に絡む犯罪やコンピューター犯罪など、複雑化する犯罪に挑む警察と検察の面々。心理学の検地で彼らを支える準レギュラーの契約精神科医、オリヴ…

Law&Order シーズン15 140文字全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第15シーズン。 あらすじ 27分署の顔役として捜査を続けてきたブリスコー刑事は引退する。彼は引退後もNY地検の殺人事件担当部の契約調査員としてときおり仕事をする。 ヴァン・ビ…

Law&Order シーズン14 全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第14シーズン。 あらすじ 警察、検察ともに前シーズンと変わらぬチームで幕を開けるシーズン14。 ブランチ地方検事が2年目に入ったNY地検では、9.11後の中東での米軍活動は長引き…

Law&Order シーズン13 全話レビュー

TwitterでのLaw&Order全話レビュー、シーズン13の全話紹介と感想。ルーウィン検事は選挙に勝てなかったようで、保守派のアーサー・ブランチが新検事として着任。リベラルよりの検事補たちとのやりとりが見もの。 レビューリンク Index | シーズン1 | シーズ…

Law & Order シーズン12 全話レビュー

Twitterを使ったロー&オーダー おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第5シーズン。 あらすじ 連邦検事局NY支部のオファーを受けたカーマイケル検事補は、それを受諾しNY地方検事局を去った。マッコイ主席検事補のアシスタントに着任したのは、セリ…

Law&Order シーズン11 おおよそ140文字レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第10シーズン。 あらすじ ニューヨーク地方検事アダム・シフが任期中にその職を辞し、次期地方検事選挙までの代理としてノーラ・ルーウィンが地方検事に指名される。リベラル…

海外ドラマ:Law&Order 10‐24話『正義の行方』

Law&Order 第10シーズンのフィナーレは、まさに10年ぶんの法廷劇を締めくくる大演説で幕を閉じた。今回で降板となるシフ検事も、マッコイ検事補を力強く支援し、有終の美を飾っている。 戦争を殺人として裁けるのか? アメリカ合衆国にとって、南米諸国は、…

Law & Order シーズン10 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第10シーズン。 あらすじ 妻のため早期退職したカーティス刑事に代わり、エド・グリーン刑事(ジェシー・L・マーティン)が登場、ブリスコー刑事の新たなパートナーとなる。ヴ…

海外ドラマ: Law&Order 性犯罪捜査班:11-10話『移民』

1シーズンに1話はある、ICE-T演じる、フィンことトゥトゥーラ刑事メインのエピ。彼が主役になるとどうもヒロイック・アクション系の話が多いような印象だが、今回は裁判劇として見応えがあった。 フィンを頼る売春婦が見つけた、子供の死体。管轄外であるが…

ドリームワークス対円谷プロ

ことし、全米は宇宙侵略ブーム! で、6月から始まるテレビシリーズ "Falling Skies" も期待大なんだけど、キービジュアルにどこか見覚えがあると思ったら……。 『ウルトラマン タロウ』のZAT基地だ。

海外ドラマ:『ギャラクティカ』最終回、そしてテーマの本質はなんだったのか?

ギャラクティカを見終わってまず強く思ったのは、これは死の物語、ローラ・ロズリンの物語だということだった。ギャラクティカに描かれたのは、人類という種族が、いかに死んで(滅んで)いくかの過程だった。それは、ローラ・ロズリン大統領の末期癌の命運…

海外ドラマ: スタートレックヴォイジャー: おおよそ140文字全話レビュー シーズン3

シーズン3まで来た。5段階評価は★3つが「いつものスタトレ」で、★4「おおっ面白い!」、★5「こりゃ傑作じゃ!」、★2「んーちょっとなあ」★1「これは無いよね」という、しごく感情的なもの。10段階にすると、いろいろ要素分析的な面が出てきそうだから、5段階…

海外ドラマ: スタートレックヴォイジャー: おおよそ140文字全話レビュー シーズン2

このレビューではじめて5点満点評価なんてことをしてるんだけど、作品の面白さを測るんでなく、いまの私が何を“おもしろがっているか”を測る物差しになるんだと思う。ちなみに私は『新スタートレック』(TNG)第3シーズンを信仰してるので、TNG第3、第4シー…

海外ドラマ:スタートレック ヴォイジャー:おおよそ140文字全話レビュー シーズン1

スーパー! ドラマTVでのなんどめかのヴォイジャーベルト放送で、ついに決意した。いままで10年海外ドラマ関係のWeb日記をつけて一度もできなかったことをやる、と。全話レビューだ。しかも点数までつけてしまう(5点満点) これが可能になったのは twitter …

海外ドラマ: HEROES 第55話『聖域』

あまりに設定が広がりすぎて迷走していたかに見えた『HEROES』だけれど、新チャプターになって設定がやキャラクターがどんどん整理されてきたようだ。僕も次第に視聴意欲を取り戻してきた。特に最近の55話、56話では、ヒーローたちと対峙するヴィランたちに…

ザ・ホワイトハウス 136話『リークの張本人』:海外ドラマレビュー

ザ・ホワイトハウスは最終第7シーズンでいよいよ大統領選の本選挙がテーマとなり、視聴者は半年かけて、架空のアメリカ大統領選を追体験することになる。バートレット大統領の後継たる民主党のサントス議員と、共和党のヴィニック議員の熾烈なキャンペーンを…

スタートレックでムカつくことトップ10

みーんな考えてるけど、口にできないことってあるよね? そんなわけで(どんなわけだ)2003年にちょっと訳した "Top 10 Things I Hate About Star Trek" を再掲。こちら経由で知ったコレが元ネタです。ノリ重視でかなり超訳してます(訳出してないところも多…

海外ドラマ: ザ・ホワイトハウス 第132話『民主党全国党大会』

前回まとまりのないエントリを書いて、それからずいぶん間があいてしまった。リハビリに、『ザ・ホワイトハウス』シーズン6最終話の吹き替え版セリフ起こしをしておこう。指名候補者選びが紛糾した民主党全国党大会の、マシュー・サントス大統領候補の最後の…

海外ドラマ: Law&Order 性犯罪特捜班 3-15話『死刑執行のカウントダウン』

――連続殺人犯ブローダスの死刑執行3日前。ステイブラーとホァンは、彼の尋問を行っていた。死刑確定後のブローダスの発言から、彼が11年前の婦女暴行殺人事件の真犯人ではないかという疑いが生じたのだ。しかし狡猾なブローダスは、刑事と精神科医との尋問を…

海外ドラマ: HEROES/ヒーローズ 第40話『死にゆく光』

――レベル5から脱獄した“人形つかい”(パペットマスター)能力者エリック・ドイルは、小さな劇場を支配していた。彼を追ったメレディスは、ドイルの能力に捕らえられ、歪んだ愛情の対象とされようとしていた。メレディスを助けるために劇場に入ったクレアとサ…

海外ドラマ: ギャラクティカ 第49話『サボタージュ』

――離陸直後のラプターがエンジントラブルにより遭難、燃料不純物が原因だと判明する。チロルは調査のために燃料精製船ヒテイ・カン号に入るが、そこで目撃したのは劣悪な労働条件と、旧植民地惑星の出身地差別がそのまま固定化されてゆく現実であった。船団…

海外ドラマ: Law&Order 性犯罪特捜班 4-22話『最後の切り札』

FOXの日曜あさの3話連続放送がきょうは無くて(ドクター・ハウスだった)、ちょっぴりがっかりしてたら、夜はFOXプラスで2話連続がやってるのね。FOXプラスは、FOXクライムとかの有料放送が観られないひとのためのお恵みチャネル。HD放送なんで嬉しいんだけ…

海外ドラマ: Law&Order 性犯罪特捜班 3-8話『悪魔の子』

――チャイナタウンでレイプ事件が発生。アジア人マフィア同士の抗争が原因かと思われたが、犯人は中国語を操る黒人だった。捜査の中で、彼はかつて黒人男性にレイプされた中国人女性の子供だったことが判明する。同じくレイプ犯の子供である刑事オリビアは―― …

海外ドラマ: Law&Order 性犯罪特捜班 3-6話『正義を貫け』

――ステイブラーの古い同僚、殺人課のジョン・ホーキンスがかつて逮捕した連続暴行殺人犯が仮釈放となり、時を同じくして同様の手口のレイプ犯罪が発生する。ホーキンスとステイブラーはコンビを組み再捜査を進めるが、逮捕した男には精神障害があり、そもそ…

海外ドラマ: ギャラクティカ 47話『父として 兵士として』

――ギャラクティカ内に作られた難民キャンプ。ここに暮らす惑星サジタロンの出身者たちは、文明が存続していた頃から、その特殊な宗教的習慣が原因で、他の惑星出身者から差別されていた。キャンプの責任者となったアガソンは、信仰から医者の診察も拒否する…

映画『スター・トレック』を観るときに知っとくとほんの少し得すること。

なんにも知らずに観ても楽しめる映画だけど、設定をちょっと知っとくと理解がスッキリするかもしれない事柄を。舞台設定 時代は23世紀(2200年代)中ば。地球人は既に150年以上も前に異星人とのコンタクトを果たしており、地球に異星人がいる光景は当たり前…

海外ドラマ: LOST 第27話『漂流』

いましがたチャンネル回しててちらっと、このエピソードのラストシーンが写ったんだが、ジンスの韓国語が、吹き替え版にもかかわらずかなりサマになってて驚いた。というか、韓国語から日本語に移ると、なんか韓国語訛りの日本語みたいに聞こえる! これはび…

海外コメディ: マイネーム・イズ・アール 2-23『審判の時』(シーズン2 最終回)

低学歴低所得低モラルのダメ人間アールが、“カルマ”を落として更正しようと奮闘するコメディシリーズ。ラフトラック(笑い声)の入らないシチュエーションコメディだけど、今回は久々に腰が抜けるほど笑った。 ――トラック泥棒をしくじりでメキシコでほとぼり…

海外ドラマ: 『ターミネーター: サラ・コナー クロニクルズ』観る前から残念感あふれる状況に

遅いフォローだけど、『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』はどうも現状シーズン2で打ち切りっぽい。まあ次シーズン製作にGOが出るまで間がある事もけっこうあるみたいなんで、まだ可能性がないわけじゃないけど、放送中からけっこう評判わるかっ…

海外ドラマ: ジャーニーマン 第4話『ブラインド・デートの結末』

春からFOXチャネルで始まったシリーズ、プレミアエピソードを見逃したんで設定が掴みきれずとまどってるんだけど、第4話から観はじめた。主人公ダン・ヴァサーがショートタイム・タイムスリップを繰り返し、過去と現在の人々の運命に触れてゆく物語なんだけ…

海外ドラマ: ザ・ホワイトハウス 第123話『勇気ある演説』

――農業の州、アイオワ。とうもろこしから生成されるエタノール燃料の推進こそ、この州の有権者の最大の関心事であった。アイオワ入りした大統領候補者の各陣営は、それぞれ支持を獲得すべく演説を始める。早々にエタノール推進を表明した現職副大統領の民主…

ギャラクティカ

『バトルスター・ギャラクティカ』シーズン4.5のリリースは7月28日の模様。とりあえずamazonの方で予約しようと思うけど、個人的にはシーズン3までの盛り上がりに反して、マトモにオチがついてるか物凄く不安だ。TV放送じたいは既に終わってるわけで、情報は…

海外ドラマ: HEROES/ヒーローズ 第30話『ウイルス』

だらだらと観てる。マシ・オカせんせい、Time-Space continuum の訳語は時空連続体ですよ。ジクウカンレンタイ(Jikuukannrentai/時空間連体?)なんてコトバを造るんじゃあない!うん、ヤダなーと思うんだSFファンて細かいとこにうるさくて。でもたとえば化…

海外ドラマ: THE LISTENER シーズン1 プレミア『自立』

――トロントの救急救命士、トビー・ローガンには秘密があった。彼は他人の思考を“聴く”ことができる、テレパスなのだ。子供の頃からこの能力に悩まされ、コントロールするすべを身につけていたトビーだが、ある朝、自動車事故に遭った女性の強烈な思念が、彼…

海外ドラマ: ザ・ホワイトハウス 第120話『大統領選に向けて』

バートレット後を担う次期大統領の立候補シーズン。次席補佐官のジョシュは若手のサントス元下院議員に立候補を促すが、逆に選挙チームへの参加を求められる。一方主席補佐官となったCJは、ネットに沸いて出たレズビアン疑惑に悩まされる。折りしも共和党の…