読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

食い意地メモ:辛ラーメン

さて、『友へ(チング)』のスポンサー、辛ラーメンについてひとつ。

いつのまにやら世界進出を順調に果たし韓国ラーメンのデファクト・スタンダードとなってしまった辛ラミョンだけど、僕としてはコイツもそんなに美味いかあ、という感じ。今の韓国もっと美味いインスタント麺がたくさんあると思う。韓国のラーメンは(つうかラーメンに限らず)まあ押し並べて「辛い」わけだが、日本だと「辛さ」=「韓国的おいしさ」という尺度になってるようで怖い。それは、日本のカップ麺の美味しさは「しょっぱさ」で決まる、と言ってるようなもんだ。

日本の殆どの大衆料理で醤油味が基本となっているように、韓国の大衆料理は辛味が基本となっている。それだけのことで、真の美味しさは(例えそれがカップ麺でも)、これも日本と同じく、だし、その他調味料の配分で決まる。コク或いはあっさり感だとか、まろやかさ or 鮮烈さだとか、さまざまな味のベクトルは、醤油が辛味噌になっただけで何らかわりはないわけだ。

まさに、辛けりゃいいってもんじゃネエ、ということ。そういうごく常識的な味の尺度からすると、辛ラミョンは辛いだけで、薄い。もっと他にコクがあって美味しいスープを持つラミョンが売られてるのだ。そっちを日本でも大々的に広めて欲しいな。

まあなにはともあれ日本のカップ麺文化に新しい味のレパートリーを取り入れる為に、まずは辛ラミョンが定着して欲しいんだけど。

 

  • 朝卵かけごはん。
  • 昼パン。
  • 辛ラーメン。なんや文句あるんか!