読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

韓国好きのわけ

過去日記を新システムでファイルするために読みなおしてるんだけど、ちょっと多いなと思うのが、誤字*1、もとい、韓国関係の記述。別に現地にいるわけでもないのに、焼肉だ辛ラーメンだとなにかにつけて。しかもシンパシーとでもいうか、そういうテンションの文章が多くてちょっと気色悪いかなあ、と反省。これを機にちょっと控えることにしようか。(どーでもええけど“おおくて”入力してなんで最初に“御晩生”なんて難読変換すんのIME98)

最後つうことで、ひとつコアなところを書いとこう。

なんで自分こんなに韓国好きかなあ、韓国をわりと全肯定というか、そういう方向に行くかなあ、と考えてみると、根本的には、海外ドラマが好きで好きでたまらないのと同じモノなんだろう。海外ドラマ好きなヒトはそれほど多くないから、漫画とかアニメとかゲームに置き換えた方がいいかもしれん。ナード体質なのだ。

ニュージーランドに行って、現地=イギリス系の中高生が外国語としてフランス語やドイツ語を普通に習うのを見て、それでなんで自分は英語なんて無理に習うのに隣りの国のコトバを知ろうともしないのかと思い至り、中国語と韓国語を習い始めた。イギリスのひとがフランス語を習うように。で、発見したわけだ。中国や韓国の良さを。僕が海外ドラマの面白さを発見したのと同様に。

たぶん漫画マニアにどっかの小説しか読まないジジイがキミはどうしてそんなツマラないものを面白がるのかね、と傲慢なことを言えば、彼・彼女は義憤に駆られて漫画という芸術の小説や映画に劣らぬ独創性や奥深さ、感動の質をとうとうと語り、あなたはだいいち今まで目も向けなかったのにどうしてツマラないなどと言えようか、と指摘するだろう。

同じことだ。僕は中国・韓国を学んで、いかに今までの日本人が隣国のことを知らず、また知ろうともしていなかったか(知ったふりをしても結局ハッテントジョーコクとか、キョーサンシュギとかの実体を伴わない一言に帰結させてしまう)とまあ、義憤に駆られたわけ。

僕がアニメファンのひとに、あんなモノはたいていが低予算で紙芝居みたいなクオリティで、いくら内々で盛り上がったってやっぱりダメじゃん、所詮アニメじゃん、なんて言えば、その人は僕にまずアニメの歴史を語り、手塚治虫の功罪だとかスポンサーやテレビ局の体質によるやむを得ぬ事情だとか、それでも頑張って何か光るものを作ろうとするクリエイターの涙ぐましい努力だとか、特有の様式美だとか、欠点を補ってありあまる魅力だとかを、見事に語ってくれて、僕はぐうの音も出なくなってしまう。

 

韓国の諸問題を突き、批判をするひとの多くは、自ら渡韓し韓国語を操り、自分より100倍も韓国を識り確固たる信念がある人々だと解ってるから、敬服する。が、アニメを語る僕のように真の批判の上っ面だけに影響された嫌韓論や韓国やっぱダメ論を吹聴してるひとを見ると、おまえは何を知ってそんなことを言う、向こうには向こうの理論と経緯があるのだと、とうとうと語りたくなる(実際に語るこた殆どなかったけど)。

自分が無意識に語ろうとしてしまう韓国へのシンパシーは、アニメ擁護だとかそういうファンのアイデンティティを保とうとする反抗的論調に、実に近いものがあると思う。中国・韓国の良さを知っている、というささやかな優越感は、けっこう大きく表に出ちゃうもんだ。

そんな風に韓国好きなのに、なんでうわっつらのアニメ批判めいたことを言うのはどうして? と聞かれれば、日陰者の海外ドラマファンとして潜在的な恨みがあるというか、まあ神は実に矛盾に満ちた人格を与えたもうたものだといわざるを得ないのだけど。まあ2ちゃんねるのハングル板もチェックして時に無茶苦茶な論を面白がってたぐらいだしな(一時の嫌韓暴走っぷりが懐かしい)。自分でもなに考えてるのかわからんよ。

*1:いつもだ