farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

Surface Pro 3を仕事で使う、ミニマルかばん構成

Surface Pro 3を購入すると同時に、外で作業するための鞄を最小限にできないかと考えた。そもそもSurface Pro 3を使ってやることといえば……

  1. インターネットでの情報収集・通信(メール・チャットなど)
  2. Microsoft Word / PowerPoint での資料作成
  3. 仕事や勉強のメモ取り・スケジュール管理
  4. 業務アプリでの仕事
  5. 趣味の写真・ビデオ編集 / クラウドへのアップロード

……と、こんなところ。特に3番のメモ取りがSurface Pro 3で完結できるようになったこと(後述)は大きい。さらに、4番のかつてはデスクトップPCに頼っていた仕事。これもSurface Pro 3 の過剰なまでのマシンパワーのお陰で、気軽に外でもできるようになった。要はSurface Pro 3があればたいていのことができるのだから、鞄もSurface Pro 3を持ち運ぶことだけに集中して、とにかく身軽に、どこでもコンピューターを使いたいと考えたわけ。

で、一回り小さいバッグを探してたんだけど、ちょっとした発想の転換があった。

バッグをやめて皮封筒にした。

バッグを探してる最中、文具屋でたまさか見つけたのが、この革製の書類封筒。HERGOPOCH(エルゴポック)のクラッチバッグ。幅34cmのもの。

f:id:debabocho:20140909144705j:plain

中身はこんだけに絞る。 

f:id:debabocho:20140909144844j:plain

f:id:debabocho:20140909145653g:plain

意外とイイのが、マイクロソフト アーク タッチ マウス。持ち運び時は板状で、使うときは本体を弓状に変形させる。Blutooth接続だから、変形させると本体側も起動するのがカッコいいし地味に便利。

書類ケースには内側にポケットがふたつついてるので、マウス・ルータ・ペン・イヤフォンはそこに入れてる。あと、財布やモバイルバッテリを入れることもある。バッテリはSONYのが薄型で使いやすい。

持つのを止めたもの

Surface Pro 3 はバッテリが半日以上持つようになったので、電源ケーブルは持つのを止めた。これが出来るようになったのでスリム化も実現できた。

アナログのペン&ノートは止めた。スケジュールやちょっとしたメモならスマホでいい。WindowsPhoneなので、住所録やスケジュールはSurfaceほか、自分のMicrosoft IDでログインするすべてのPCと逐次自動連係してくれる(iPhoneAndroidでもMS製アプリやWebサービスがあるはず)。座って人の話をメモるときは、Surface Pro 3を出す。OneNote+デジタルペンが実用レベルに達してる。

飴ちゃんだとか身だしなみ道具だとか、そういうの持つのも極力止める。必要最低限のものは、薄型のポシェットみたいなのにまとめて入れれば、スリムさは維持できそうだ。

書籍や資料、カメラなんかも持ってくときは、この皮封筒をインナーバッグとして、普段使ってる鞄に入れる。たいへんラク。

そんなわけで、外出するときはこの皮封筒を手でつかんで/小脇に抱えて出るようになった。とても身軽だ。手提げが無いのにもすぐ慣れた。

 

Surface / Windows8.1 は、iPadのように「情報を外出先でちょっと見る・触る」という限定的なガジェットではなく、万能ツールとしてのパーソナル・コンピューターの、純粋な進化形だ。これだけの装備で、かつてデスクトップPCでやってきたこと+αが、出先のオフィスでも喫茶店でも同じ作業が同じ操作性で出来る。しみじみ、いい時代になったと思う。

 

余談: Surface Pro3での手書きメモと動画編集

Surface Pro 3 を買ってからも、さすがにデジタルペン手書きメモまでは取らんだろうと思ってた。初代Surfaceでも、こなれてないところがあったし。

ところがこないだある場所でレクチャーを受けたとき、意を決して紙ノート代わりにSurface Pro 3OneNoteにペン入力でメモを取ってみたら、意外と普通に使えるじゃん、コレ!

さすがに解像度の問題があるので、字の大きさは紙のノートより気持ち1.5倍ぐらいになってしまうけど、書く面は無限だしスクロールですいすい移動できるので、そっちの利便性が高い。なにより、肘をべったり画面につけても誤作動なく字が書けるので、画面を縦に置くと、確かに紙のメモに近い感覚だ。

それから仕事以外でMac使ってる人にいまだに訊かれる「Windowsじゃ写真やビデオ編集が弱いんじゃないの」という話だけど、ビデオについてはMS純正のフリーソフトWindowsLiveムービーメーカー』はじゅうぶんに出来がいい。写真の編集も同様に『フォトアルバム』があるし、デフォルトの『フォト』も、画像修正 + OneDrive(クラウドストレージ)連携がシームレスでできて、相当に機能的。長いことWindowsユーザーをやってて、不便を感じたことが無い。

使えますよ、Surface Pro 3

アーク タッチ マウスはMicrosoft公式ストアでもお安く買えます。

 

そんなわけで、

今週のお題「私のかばん」

でした。