読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

Microsoft

Surface Pro4のユーザー層は、その思想性故に誤解されている。

ゲイツ様が興され今なお栄光の道を進み続けるMicrosoftは、今回麗しくも完全なSurface Pro4とSurface Bookを我らにお示しになった。ところが、Surface Bookのインパクトからか、Surface Pro4を中途半端なデバイスだと書いている、たいへん不遜な記事やコメン…

Surface Pro 3を仕事で使う、ミニマルかばん構成

Surface Pro 3 の利便性は、業務アプリなどデスクトップと全く同じ機能+αが、外出先でもどこでも使えること。紙のノートも不要になるので、思いっきりスリムに持ち運ぶことを考え、バッグを止めて皮封筒にしてみた。

Microsoft Surface2 動画レビュー ‐ タブレットが見る間にPCになっていく

初代Surfaceからの変更点や操作感、セットアップの簡単な流れと、キーボードや外部モニタと組み合わせたPCライクな使用まで、ざっとビデオも交えて紹介。

Microsoft Surface レビュー: Part3 言語設定やこまごました不満など

毎朝Surfaceで新聞読んで、OneNoteにメモ取って、Blog書いて、ベッドサイドでHuluの海外ドラマ観るくらしを続けとります。まあさすがに不満(Surface というより Windows8/RTに)もでるわけで。 レビューリンク 初代SurfaceRT レビュー: Part1 / Part2 / Par…

Microsoft Surface レビュー: Part2 2週間使った感じなど

あっというまにSurfaceを使い始めて2週間が経った。こういうレビュー、毎日かければいいんだけれど、そんな時間もないわけで……。 レビューリンク 初代SurfaceRT レビュー: Part1 / Part3 / Surface2 レビュー 今回は細かなハードウェアまわり。 ACアダプタ /…

Microsoft Surface レビュー: Part1 基本的な使用感など

久々にこのタイトルでWeblogを書くことにした。以前書いたのは、ブログと言わず「ウェブ日記」と言ってた時代だけど。 さて、アップル全盛の世の中で迫害を受けながら生きるマイクロソフトファンとして、どうしても欲しかったタブレットデバイス "Surface" …

東芝 dynabook MX レビュー

dynabook Satellite T30 160C/W を使っていたんだが、デカくて重くてベッドサイドで使うのにも難儀だし、最近のHD動画だとマトモに観られないことが多くなり、思わず新しい dynabook を買ってしまった。dynabook MX/43。CoreDuoを積んだアッパークラスの製品…

アップル地獄に落ちろ! セカイカメラは今すぐMSに権利を売れ!

※たいへん品のないエントリです。 つくづく邪悪なアップルめ! 神聖なWindows7のリリース前日に大衆を惑わす悪徳の果実をばらまこうとは! ジョブスめえ! 人類の可能性を、多様性なき白い機械に押し込めようとする偽預言者が! 既にヘッドフォンステレオ界…

偽預言者の戦い

「MSと人類の戦いだ」 サンのマクニーリ会長吠える。……毎日新聞の記事だが、素晴らしい発言だ。そう、マイクロソフトが闘うのは人類、多様性の名を借りた破局的混沌と世俗的執着心による停滞という悪しき社会的重力に縛られた、古い人類なのである。そしてマ…

Windows XP

承前。で、Windows XP をインストールして使ってみたんだけど、ゲイツ様はまた素晴らしい努力をなさってこのOSを作り上げられたのだなあ、というのが正直な感想。我々末端のユーザーのコンピュータに対する不安感を出きる限り取り除こうという真摯な努力が、…

エレクトロニクスの生き証人

ある意味驚くべき話なんだけど、ことし喜寿を迎えた祖父が、コンビニで Windows XP を買ってきた。で、それをインストールしたり、周辺環境を整えたりを頼まれた(というかまあ買って出た)わけだ。自分のテクノロジー好き・新しモノ好きは髪質と同じく祖父…

アップルまたも悪魔の珍製品アイマックを発表!

げぇ。なんか言うのも腹立たしいんだが、地獄の廃頽的嫌がらせ集団アップル社の珍妙な電算機アイマック(腹立たしいのでカタカナで書いてやる。見ろダサい字面だろう)の最新型、ちょっと……ちょっとだけ……欲しいカモ。 あああ魔が差したとは言えホンの一瞬で…