farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

ショートフィルム "Wanderers"

エリック・ワーンキストによるショートフィルム、"Wanderers" (ワンダラーズ、放浪者)。

Wanderers - a short film by Erik Wernquist from Erik Wernquist on Vimeo.

素晴らしい映像表現! ぜひ高速回線・大画面・高音質でご視聴を。

ナレーション翻訳

劇中流れるのは、カール・セーガン博士の著作 "Pale Blue Dot" 序文の一説。博士本人が朗読している。以下に、ざっくりとした訳を。

物質的な利益に満ちただけの定住生活に、我々は満たされはしない。

都市や集落での生活が400世代を経たいまも、なお忘れえぬものがある。

微かに記憶に残る幼年期の歌声のように、それは我々を旅路にいざなう。

 

遠方の地の探索には、ある種のロマンスが感じられる。

それは自然選択で発達した人類の生存本能が、させていることだろう。

長い夏。穏やかな冬。豊かな収穫。満足な狩り。どれも永遠には続かない。

人ひとりの生存、集団の生存、あるいは種全体の生存。

それは、ごく少数の者たちに、かかっているかもしれない。

その意味も理由も知らぬまま、まだ見ぬ新たな世界に、ひかれる者たちに。

 

ハーマン・メルヴィルの『白鯨』。

その本は放浪者というものを、最高の言葉で、こう書き表している。

私は常に、遠き世界を渇望している。禁断の海に漕ぎ出したい、と。

 

まだ早すぎるかもしれない。まだ時は満ちていないのかもしれない。

だが、呼んでいるのだ。新たな機会に満ちた、新たな世界が。

その世界は静かに、太陽を周りながら、待っている。

 

なお、劇中に登場する惑星は、実際の調査結果をもとに製作された映像だそうだ。