farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

セルフリッジ 英国百貨店 シーズン3 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った、英国ドラマ『セルフリッジ 英国百貨店』(原題: Mr. Selfridge)おおむね140文字エピソードガイド&感想 シーズン3(全10話)。

f:id:debabocho:20170620091839j:plain

あらすじ

第一次大戦終結から間もない1919年、ロンドン。戦時中に進んだ女性の社会真しゆつは復員兵の失業につながり、旧来の男尊女卑的な社会からの脱却は、混乱と痛みを伴うものとなっていた。

ハリー・セルフリッジの妻ローズの死から1年が経ち、セルフリッジ家は久々の明るい話題に沸いていた。ハリーの長女ロザリーが、亡命ロシア貴族、ボロトフ侯爵夫人マリーの子息セルゲイと結婚するのだ。しかし、セルゲイには野望が、そしてマリーには秘密があった。セルフリッジ家に同居することとなったふたりとの生活は、一筋縄ではいきそうになかった。

そんなか、ハリーは女性起業家、ナンシーと出会う。先進気鋭の彼女は、復員兵向けの住宅地造成の計画を立て、ハリーにスポンサーとなるよう依頼する。ハリーはそんな彼女に惹かれていく……。

一方、レディ・メイと離婚したロックスレイ卿が、パリからロンドンに帰還する。過去の遺恨から、セルフリッジ百貨店の株主となることでハリーを陥れようとするロックスレイ。セルフリッジは家族と会社を、ハリーから守れるのか?

 

全話レビュー

3-1

ロシア貴族だよセルフリッジさんのまき。前回の4年後というまさかの設定であっさりローズが退場! ロザリーの結婚から始まる新たな物語のセットアップ編。ロシアの酔いどれババアはレディ・メイに変わる強烈キャラ。ロックスレイ卿の復讐が楽しみ! ★★★

3-2

経営会議だよセルフリッジさんのまき。過剰な事業拡大の軋みは広がり、一方アンリの戦争後遺症も……。不穏さが募るエピだが、セルフリッジの個人的な経営方針に上級社員たちが正面から反対の意思を示すシーンは重い感動を呼び、キャラの成長を感じさせる。★★★★

3-3

セルフリッジさんと復員兵問題のまき。競売対決もさることながら、戦争後遺症に苦しむアンリの描写が胸に刺さる。サブプロットもまさかの展開でメインテーマに統合され、ずっしりとした幕切れ。復員兵の問題も常に女性の視点で捉える、ぶれない脚本に感心。★★★★★

3-4

後始末だよセルフリッジさんのまき。キティを襲った暴漢たちへの捜査は、ヴィクターのパブにも波紋を呼ぶ。復員兵問題が改めて複層的に描かれ、各キャラの物語に繋がり、アンリの物語で締めくくられる。巧い構成。ロマンスも忘れずにきっちり描くのがニクい。★★★★

3-5

副社長だよセルフリッジさんのまき。後半に向けて各キャラにそれぞれ新たな問題がセットされるエピ。各プロットがうまく影響しあっているので散漫な印象は受けず、ばらまかれた不穏の種に後半への期待が膨らむ。おばあ様2人の友情が微笑ましい。★★★

3-6

セルフリッジさんショーウィンドウはだいじょうぶ?のまき。それぞれのキャラのプロットが並行して走るが、今回は相関も少なくテーマが統合される感もない。メインのプロットも少々類型的でオチが読めるが、楽しいことに変わりはなし。安心して観られる。★★★

3-7

株主総会だよセルフリッジさんのまき。またもロックスレイの罠にはまったセルフリッジは大見得を切るが……? 3つのプロットで、つらい裏切りと別れが描かれる。テーマとしてはまとまっているが、全体敵に重すぎハッピーなシーンでも幸福感が得られない。★★★

3-8

それでいいの? セルフリッジさんのまき。グローヴの問題が解決し、セルフリッジは目的を果たしコレアノも状況を好転させる。だが各プロットとも盛り上がりに欠け、最終章直前の状況整理といった感。女性キャラの活躍が見えないのが最大の難点。★★

3-9

お母さまは見た!だよセリフリッジさんのまき。プリンセス・マリーが家政婦探偵ばりの活躍を見せ、それが最終回の悲劇を予感させる。トリックスターだと思われたナンシーがここまで人間的なキャラになるとは。彼女もまた、運命に翻弄される女だったのだ。★★★

3-10

愛を知らないセルフリッジさんのまき。これまで続いてきた4つの愛の物語に結末が。多少詰め込み過ぎだがそれぞれ腹落ちする展開。結局ダメ人間になびいたマーデルの物語は少々納得いかないが。そしてラストシーン! レンズフレアまで入った画面に爆笑。★★★★

まとめ

総ポイント数

34/50

平均

3.4

感想

ハリーの妻ローズの死は歴史的な事実なので仕方ないとしても、抜群の存在感を持つレディ・メイが抜けた『セルフリッジ』、どう考えてもパワーダウンだと思っていたが、それでも作品の持つ複雑なケミストリーは活きていた。これまでのキャラに新キャラを加え、要所々々で彼ら彼女らの人生が交差する。

とはいえ亡命ロシア貴族プリンセス・マリーは、状況をひっかきまわし、その図太さが存在感を発揮するものの、レディ・メイにあった力強さ、上品さが感じられないのは残念。セルフリッジ家のロイスおばあさまとの絡みは面白かったのだけれど描写が足りず、もっと見たかった。

第一次世界大戦後の混乱という設定から、複数のキャラの内面的な物語を発展させていく手法はやはり見事。時代的に『ダウントン・アビー』と重なるこのシリーズだが、ダウントンよりも歴史劇という側面が強く、大きな歴史のうねりを感じ取ることができる。そこも評価のポイントだと思う。

 

秘密の森 - 海外ドラマレビュー & キャラクターガイド

Twitterを使った韓国tvN制作のドラマ『秘密の森』おおよそ140文字エピソードガイド&感想。

あらすじ

検察官ファン・シモクは、建設会社社長パクから呼び出され彼の家に向かうが、そこには死体となった彼の姿があった。竜山署の刑事ハ・ヨジンと共に犯人を追うシモクだが、彼は上司である次長検事イ・チャンジュンが、殺されたパクと裏で繋がっていたことを知っていた。シモクは検察内の不正を暴くことができるのか? 壮絶な騙しあいが始まる。

『秘密の森』は、日本ではNetflixオリジナルドラマとして配信中。

www.netflix.com

登場人物

キャラクターがとにかく多く、かつスーツのおっさん率高めで混乱するので、メモとして。

ファン・シモク(演:チョ・スンウ

西部地検刑事3部 検察官。天才的な頭脳を持つが、子供のころの情動調節障害の治療のため感情を失い、偏頭痛に悩まされる。被害者のパクが厚岩洞の自宅で殺される直前に彼から呼ばれ、殺人現場の最初の目撃者となる。上司の紹介でパクから接待を持ち掛けられていたことから、検察内部の不正を疑い捜査を進める。

ハ・ヨジン(演:ペ・ドゥナ

竜山署強力班(強行犯担当課に相当)刑事。感情は豊かで正義感が強い。事件現場で偶然シモクと居合わせたことから、公助捜査で行動を共にすることが多くなる。情に厚く、被害者の母親を気に掛ける。

パク・ムソン(演:オム・ヒョソプ)

事件の被害者。建設会社社長。何かの秘密があり検察のイ次長に便宜を図っていたが、会社が破産したことから縁を切られ、その後老母を残したまま何者かに殺される。その直前にシモクを呼び、何かを告げようとしていた。

カン・ジンソプ(演:ユン・ギョンホ)

ケーブルテレビの修理業者。パクの殺害直前にパク邸に入っていたことから、第一容疑者として逮捕される。妻子があり、無実を訴える。

イ・チャンジュン(演:ユ・ジェミョン)

シモクの上司。西部地検 刑事部次長検事。中堅財閥ハンジョグループの会長を義父に持つ。パク社長の関係する何らかの不正行為を知っており、彼から過大な接待を受けていた。シモクにも仲間に入るよう勧めたが断られ、彼が事件を通して不正を追及し始めたと知ると、彼に圧力をかけ始める。

ソ・ドンジェ(演:イ・ジュニョク)

刑事3部検察官。イ次長とともにパク社長の接待を受けており、シモクを目の敵にする。

ヨン・ウンス(演:シン・ヘソン)

シモクの下で見習いとして働いていたが、パク殺害事件の担当検事として取り立てられる。かつて法務部(法務省)長官だった父親ヨン・イルチェの失脚はイ次長に関係している。

カン・ウォンチョル(演:パク・ソングン)

刑事3部 部長。シモクの独断に手を焼く。

キム・ウギュン

竜山署 警察署長。イ・チャンジュンと懇意。

キム・スチャン

竜山署刑事。ヨジンの上司で、署長、イ・チャンジュンとも繋がる。

パク・スンチャン(演:ソン・ジホ)

竜山署強力班の新人刑事。

キム・ジョンボン

シモクの中学時代の同級生。カンの弁護チームにいた。

ヒョンチョル

ウンスの元恋人。

クォン・ミナ

ホステス。パクの接待に使われている。本名キム・ガヨン。

ギョンワン

被害者の息子。兵役に就いている。

イ・ユンボ

ハンジョグループ会長。イ・チャンジュン次長の義父。

 

エピソード・レビュー

第1話

検察官シモクは、検察への収賄を疑われる男の死体を発見、刑事ヨジンと共に犯人を追うが……。盛りだくさんの展開とスピード感は韓国テレビドラマならでは。言い換えれば見せ方に幅がなく映画級とは言い難い。導入編としてがっちり心を掴む内容で、続きを見たくなるのは確か。★★★★

第2話

容疑者カンの死後、次々と現れる殺人偽装の証拠と隠ぺいの罠。目前の上司の不正に、シモクは迫れるのか……? 中締めで臭いセリフを臭く言うシーンは少々興ざめだが、最後の展開は驚く。ここまでは謎の解明にまっすぐ進んできた物語、いよいよ騙しあいの本領発揮。★★★

第3話

イ次長に取引を持ち掛けたシモクは独断でテレビに出演し、状況を敢えてかき乱す。シモクのパーソナルな面がフォーカスされ、捜査一辺倒だった先の2話に比べ緩急のある展開。テレビという舞台で派手さもアップ。むさくるしい男たちの騙しあいの中、ヨジンの温かな個性が際立つ。★★★★

第4話

ウンスの秘密を探るシモク。一方ドンジェは保身のため行動を起こし……プロットが錯綜し登場人物も多く、さすがに混乱してくる。中盤ヨジンが状況を整理するが、そこで思うのはヨジンと同じ「いくら何でも回りくどすぎる」。それが劇の醍醐味でもあるが、ついていくので精一杯。★★★

第5話

ホステスを殺そうとしたのは誰なのか? その容疑は意外な人物に……。新人物もなく意外と進展はないが、シモクが正面切って次長を問い詰めるシーンは事件のターニングポイントで、見応えがある。次長の見え方も変わってきた。クサいセリフもそれを感じさせないスピード感。★★★★

第6話

ホステス殺しの動機を探るシモク。証拠はソ・ドンジェの関連を指し示すが……。ヨジンとの会話を通しシモクの感情が僅かに開かれる。そんなシーンが心地よい。しかし緊迫感の演出とはいえ片っ端からお前が犯人かと問い詰めるシモクのやり方には飽きがくる。ドンジェの顔芸も。★★★

以下継続更新中……

『ライフ』 - 真田広之がとにかくいい映画。

真田広之がとにかくいいわけですよ、この映画。端正な英語演技、記憶に残る存在感、かといって主役を喰うわけでもなく。人種でどうこう言うのは苦手だけど、真田せんせいは過去多く演じてきた「ミステリアスなアジア人」から一歩進んで、ハリウッドトップクラスのバイプレーヤーとしての地位を確立したんじゃないかと思う。

あらすじ

宇宙ステーションで大騒ぎ

感想

f:id:debabocho:20170711131251j:plain

演出の都合で現実よりだいぶ広い国際宇宙ステーションで、6人のクルーが恐怖と対峙するわけだけど、真田せんせいはそのシステムエンジニアとして、ステーションを恐怖から救うため活躍するのが仕事。その活躍っぷりは、実は能動的なことはほとんど何もしない主役ジェイク・ジレンホールよりよっぽど立派。

でも真田せんせいの活躍、存在感の理由は、日本人ならではの何とかでなく、その「普通さ」にあると思う。むしろ普通であるがゆえに活躍の機会が与えられたんじゃなかろうか。

まず「普通に英語で演技ができる」という、日本から渡米した役者の最大の難関をクリアーしていること。英語が当たり前に喋れて、かつ自然に日本語を交えることができる。二か国語のできる役者はザラだけど、日本語のできる日系人の役者はなかなかいない。次に外見。なにか特徴だった容姿でなく、目の細い典型的なアジア顔なのがプラスに働いていて、適度に地味。髭はそこに良いアクセントになってる。結果的とはいえ計算つくされたような演技・外見は、白人の主役を喰うほどでもなく、しかしその背後で確実に印象に残る。人に対して使う言葉じゃないけど、「使い勝手がいい」というのは、こういうことなのかな、と思う。

無重力のステーションを動き回る姿を再現する力業に近いワイヤー特撮も楽々こなしたろう、アクション俳優出身の身体能力の高さも、ここまでの活躍に至ったポイントのひとつだと思う。後半飛びながらCGIキャラにキックするその「当たってる感」とかすごい。

いやあ、ここまで「普通に演じられる」役者になるのは、並大抵のことじゃなかったと思う。

 

ホラー映画では馬鹿から順にひどい目に遭って殺されるというジェネラル・オーダーがあるというのは、ホラーをたしなまない私でも薄々分かってて、この映画も原因を作った馬鹿や熱血馬鹿がわりとひどい殺され方をする。だけど、真田せんせいは最後までしっかり活躍したうえで、残酷描写のない、ある意味きれいな最後を迎えられる。彼の存在感がドログチャエンドを許さなかったということなんだろう。いや、ほんといい演技、いい存在感だった。

 

で、映画としてちょっと思うのは、その馬鹿とアホの少なさ。宇宙ステーションという設定からか、登場人物6名みんな科学者・宇宙飛行士然としていて、前記の2名の馬鹿も比較的馬鹿でない。献身的な任務をこなし感動的な最後を迎える宇宙飛行士もいる。これはなホラーの文法でなく、ディザスター映画の文法だと思う。

純ホラー映画といわず、残酷であるが故の笑いは、やっぱり馬鹿がアホやって殺されるから映えるし、自分はそれを求めてるんだと思う。宇宙で場違いなセックスやってその隙に殺されちゃうのとか、そういうのが見たいわけ。生き残った2人が今生の別れとセックスして襲われるんじゃないかと最後まで期待してたもん。今回。

その辺が不満といえば不満だけれど、恐怖の緊張感は持続するし、最後の様式美的な結末(あっけらかんとしたエンディング曲含め)もよろしく、重たい映画ばかり観ているなか軽くさわやかな後味を感じるよい映画でした。