farsite / 圏外日誌

Gaao Line's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

ロケットと公民権

土曜日の朝。観る番組もないからとHuluライブでCNNをつけると、全米各地でデモが始まろうとしていた。

ミネアポリスでの警官によるジョージ・フロイド氏の不当な拘束・殺害により、昨日、ミネアポリスでは大きなデモと暴動が起きた。そして2日目の夜が来ようとしている。CNNでは警官と市民との小競り合いが始まったことを伝えている。しかしその場所はニューヨークシティ、ブルックリンだった。アトランタ、ワシントンでもデモ行進が始まり、小競り合いがあるようだ。

映像を見る限り、人種差別に反対するメッセージを掲げてはいるが、参加している人種、年齢は多様だ。白人も黒人も入り混じって、警官と小競り合いをしている。ミネアポリスではすでに夜間外出禁止令が出ており、対抗する市民は道に跪き、ガス弾を持つ警官と対峙している。

デモがどこまで広がるのか、そのうちいくつが暴動になるのかはわからない。ただ、暴動は少なくあってほしいと思うし、それは暴動の原因となる問題を取り除いてほしいということだ。

 

f:id:debabocho:20200530105421j:plain

 

パンデミック対策のロックダウンによって人々が受けた有形無形のプレッシャーも、このデモを加速させたのかもしれないと思う。単に「外に出て不満をぶつけたい」というだけではなく、パンデミックによってもたらされた10万の犠牲者が貧困層に偏っていることや、その現実を直視せず一層反動的になった現政権の言動への苛立ちが、いまの状況を作ったのだろう。

何であれ、ニューヨークでもワシントンでも、明確な首謀者も方向性もないまま、人々はぼんやりと集まり、同時多発的に抗議をはじめている。

 

そんななか、大統領は新たな有人宇宙船の打ち上げを見るために、今週末もフロリダに足を運ぶという。10万人が犠牲となり、暴動が燃え広がる中、ロケットは「アメリカの未来のために」人を宇宙に運ぶ。

 

考えてみれば、アポロ計画公民権運動華やかりし時代だった。いや、華やかという言葉はおかしいな、人種差別問題が運動によって可視化された時代だった。60年代、アフリカ系アメリカ人は制度的に貧しい状況におかれていた。

アポロ計画を描いたドラマ『From the Earth to the Moon:人類、月に立つ』のワンシーンを強烈に覚えている。ジョン・スラッテリー演じるウォルター・モンデール民主党議員がこんなセリフを言う。「すべての道に街灯がつくまで、アポロ計画には反対する」

冷戦の産物でもある月探査計画と、人種に根差した貧困の解消は、米国の国家運営の両天秤であった。輝かしい月計画の裏側で、何のために国家予算を使うのかが、確実に問われていた。

 

それに似た状況が、2020年のいま再び作られつつある。新型ウイルスによって暴かれた米国の貧困や偏りが、ありふれた事件をきっかけに暴動へと発展しつつある。その一方、希望の象徴たる有人宇宙開発は、新型ウイルスの問題を乗り越え、宇宙に飛び立つ。

ただ、アポロ計画と今回の状況は本質的に異なっている。今回の有人宇宙船は民間の事業であり、悪しざまに言えば、ビジネスに成功した富豪の夢なのだ。ロケットと公民権は天秤の両端に乗っていない。すでに分断されているのだ。

 

 

世田谷界隈おいしかったテイクアウトフード

パンデミックによる非常事態宣言から2か月。世田谷界隈のお店がやっているテイクアウト/テイクアウェイメニューも、だいぶ食べることができた。おいしかったメニューを残しておく。なお、ここでいう「世田谷」とは世田谷区の中の世田谷、世田谷線世田谷駅界隈のお店。

 

モデスト・リュクス

世田谷駅最寄りのビストロ。少し前からランチメニューを始めていたけれど、それをそのままお弁当にしてくれた。味付けした赤米にたっぷりのローストビーフを乗っけている。完成された味。980円でこれはすごい。

f:id:debabocho:20200524111041j:plain

 

長崎

老舗のちゃんぽん・長崎中華の店。メインの皿うどん(900円)を持ち帰り。たっぷりの餡が入ったでかいスチロールのどんぶりと麺を分けて持たせてくれる。古くからの町中華なので、最近の小洒落たランチに比べるとすごいボリューム。味は当然うまい。

f:id:debabocho:20200524112129j:plain

 

アロハベイビー

松陰神社の店。以前からUber Eatsでテイクアウトでもやっていて、店内でもテイクアウトでも楽しめる完成度の高いメニュー。食べ応えビフテキライス(1,500円)だが、写真のスパム&エッグライス(1,000円)も甘くておいしい。最近は少し離れた姉妹店でメキシカンローストチキンも始めた。こちらもかなりのボリュームで、タコライスがおいしい。

f:id:debabocho:20200524112604j:plain


馥郁

開店してすぐに非常事態宣言が出てしまった店もいくつかある。馥郁のお弁当はボリューム的には標準的なパッケージだが、この青椒肉絲風の鶏肉が柔らかくて素晴らしかった! ちゃんとお店で出すレベルの料理が入ってる。事態が回復したらまた店に行きたい。

f:id:debabocho:20200524115420j:plain

 

シカモア

ここは別格。ランチはなく夜のお持ち帰りメニューを提供している。一見お総菜セットだが、完全に「家で蕎麦飲み」を再現させる内容になってる。濃い目の味付けで、ちびちび食べるのにぴったりの良い味付け。高めの値段も頷ける。

f:id:debabocho:20200524122024j:plain

締めは蕎麦(800円)。生で売ってくれるので、家で茹でる。蕎麦湯も楽しめる。完全に家が店となった。

f:id:debabocho:20200524122455j:plain

 

5月も後半となり、どのお店も営業を再開しはじめた。こうして緩やかに、ただ以前とは少し違う日常が戻っていくのだろう。悲惨な2か月であったことは間違いない。お店にはかける言葉もない。ただただ、これからまた、おいしいものを楽めるようになれば。

もしも富野由悠季がスター・ウォーズ 最終三部作のシナリオを書いたら?

新型ウイルスのパンデミック対応で、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のレンタル配信が国内でも早々と始まった。たいへん苦労したのだろうと思しき脚本のツボを理解しようと、自分で梗概を書きつつ観ていたのだけれど(趣味なんです、梗概書き)、最後のあの亡霊大集合クライマックスを見て、ふと思った。これって『機動戦士ゼータガンダム』じゃない?

スター・ウォーズと同時代に機動戦士ガンダムを作った富野由悠季監督も、その後市場の要請でずいぶん葛藤を抱えつつもゼータガンダムという続編を作り、かつそれを3部作の映画にまとてみせた。

ならば、意外と富野かんとくの作劇でも、スター・ウォーズ エピソード7~9は作れたのかもしれないなあ……と道理の通らんことを思って書いた、梗概というには少々長い、両シノプシスを融合させたパロディ。

 

スター・ウォーズ Ep.7 ~フォースを継ぐもの』

f:id:debabocho:20200414214709j:plain帝国滅亡から30年。銀河はいまだフォースのダークサイドから解放されていなかった。新共和国の元老院強硬派から生まれた私兵組織『ファーストオーダー』は銀河各地で専横を極め、これに反発するレイア派の反共和国グループ『レジスタンス』と対峙していた。老将ハン・ソロは、ファーストオーダーの新兵器を盗み出すため辺境の惑星ジャクーに潜入する。

ジャクーの少女レイは、ファーストオーダー兵の尋問のさなか何かを感じる。そこに墜落するミレニアム・ファルコン。彼女は居合わせた脱走兵のフィン、BB-8とともにファルコンに乗り込む。「来るかい?」ソロに誘われた彼女らは、ファーストオーダーを撃退しレジスタンスに参加する。

レイアの座上するレジスタンス旗艦<ラダス>でファーストオーダーの最高指導者スノークによる卑劣な交渉を知ったレイたちは、レイアの制止も聞かず出撃する。ハックス将軍の応戦でなし崩し的に激化する戦闘に、スノークは独り言ちるのだった。「これは戦争だな」

 

一方そのころ、フォースの強さから新共和国に危険視され惑星オク=トーで軟禁状態となっていたルーク・スカイウォーカーのもとを、ポー・ダメロンが訪れていた。レジスタンスへの参加を拒むルークにポーは気色ばむ。「ヒーローなら海の下にX-ウィングの1機も隠してあるって言ってくださいよ!」意を決したルークは惑星を脱出、レジスタンスが一大攻勢をかけようとしている首都惑星ホズニアン・プライムへと向かう。

ホズニアン・プライムの軌道上にレジスタンスの艦隊が集結し、ファーストオーダー拠点への降下作戦が開始される。しかし一機の黒いファイターがそれをかき乱す。ファーストオーダーの騎士カイロ・レンであった。レイとフォースで感応し、その傍にいる父親ソロの気配を感じるレン。「言葉が走った…?」

降下作戦は成功するが、基地はもぬけの空であった。地下の超大型リアクターを暴走させ、レジスタンスを惑星ごと壊滅させようとするスノークの企みを知り、パニックに陥るレジスタンス。そこに事情を知らぬレンが攻撃を加え、ソロと対峙する。一瞬の躊躇ののち、セイバーでソロを貫くレン。辛くも生き延びリアクターにたどり着いたソロは、暴走を抑えてレイたちの脱出させたのち、惑星とともに命を散らす。

 

夫の死を悼む間もないまま、ファーストオーダーの追撃を受けるレイア艦隊。父を失い狂乱に駆られたレンの戦闘部隊が、レイアの船に肉薄する。息子を感じ、死を覚悟するレイア。そこに一機の貨物船が突っ込んでくる。思わず叫ぶレイア。「何をするの、ルーク!」「そうだレイア! レンにはまだ迷いがある!」レン機と接触し崩壊する船から生身で脱出し、強大なフォースでレンを退けるルーク。フォースで感じ取った互いの存在に驚きながら、改めて目を交わす兄妹。レイたちは歴史が再び動き出すその瞬間を、ファルコンのブリッジから目撃するのだった……。

 

スター・ウォーズ Ep.8 ~恋人たち』

元老院の議会工作で独裁的な地位を得つつあるスノークのファーストオーダー。その攻勢によってレジスタンスは追い詰められていた。失敗によって召喚されたレンに代わり艦隊を任せれたハックス将軍は功を焦り、ファズマの戦隊がレジスタンスを追撃する。「敵の首はとる、ハックスのお守りはする、シンプルなゲームとはいかんな」

ルークの庇護を受けながら、ポーたちとの連携プレーで敵を退け、ジェダイの力を増してゆくレイ。レイア艦隊はホルド提督の待つアウターリムの合流ポイントに長距離ジャンプを敢行するが、ファズマの追撃によって阻まれ艦隊は分断、ルークやレイ乗るファルコンも取り残されてしまう。

 

ファルコンを中心とした残存部隊は、惑星カントニカに降り立ち、現地の商人らと接触、補給を得ようとしていた。商人との交渉を進めるフィンと整備兵ローズの関係に少しうらやましさを感じていた彼女は、スノークの懲罰と洗脳から逃れさまよっていた、素顔のレンと出会う。フォースが呼び合い、親を持たないレイと、親を忘れたいレンの心はひかれあう。

しかし、交渉から戻ったルークの姿を目にしたレンの顔に、恐怖と憎悪の相が浮かぶ。かつてルークのもとでジェダイの修業をしたレンの記憶は、スノークの手で醜く歪められていた。その時、カントニカ上空にスノークのメガ・スター・デストロイヤーが現れる。スノークの洗脳が復活し、悪夢を振り払うがごとく街を無差別に破壊するレン。「記憶など、思い出など……消えてなくなれ!」

レンを諦めきれないレイは、ルークの制止を振り切り彼に近づく。正気を取り戻しレイに語り掛けるレン。「自分の名前、好きになったか?」「とっくに好き! 自分の名前だもの!」 

隙に乗じて惑星を脱出するファルコン船団。期待した補給も得られず、彼らに残された道は、敵デストロイヤーの内部に侵入し長距離ジャンプ用の資材を奪うことだった。洗脳されたふりを続けるレンは、艦内からレンとルークらを助けようとするが、スノークに見破られ捉えられる。

資材を奪い、デストロイヤーの格納庫から脱出したファルコン。それを玉座の間で見届けたレンは、スノークを殺そうと最後の力を振り絞る。怒り狂ったスノークの雷光に貫かれるレン。「出来損ないのシスは、こうしても動くのか!」炎とともに宇宙に投げ出されるその姿を見届けることなく、ファルコンは虚空の先へと向かった。

 

合流ポイントにジャンプアウトしたファルコン。そこはハックス将軍の艦隊との決戦のただなかであった。レジスタンスを追い詰めるファーストオーダー。しかしそこに幾条もの光線が走り、そこに圧倒的な数の旧帝国スター・デストロイヤー艦隊が現れる。

ファーストオーダーは退却し、謎の艦隊に包囲されるレジスタンス。レイアたちと合流したレンに通信が入る。ホロディスプレイに現れたのは、かつてのジェダイの生き残り、アソーカ・タノであった。彼女は『ネオ・ジェダイ』を名乗り、銀河の真の安定のために戻ったと語る。そして彼女はレイに語り掛けた。「帝国の正統なる後継者、レイ・パルパティーン陛下」

周囲から驚愕の目線を向けられ、本人もまたたじろぎながらも、レイはモニタの向こうのアソーカをまっすぐに見返し、一歩前に歩みだすのだった。

 

スター・ウォーズ Ep.9 ~フォースの鼓動』

未知領域から帰還したネオ・ジェダイ。かつて帝国と戦いながら、官僚化したジェダイ制度にも絶望していたアソーカ・タノは、未知領域で帝国のクローン兵たちを糾合し、善なるジェダイ皇帝といただく真の銀河帝国の確立を目指していた。

その旗艦であるデストロイヤー<キメラ>にファルコンが入り、レジスタンスとの初の政治的接触が始まる。艦内に残る旧帝国の気配に鼻白むレイアたち。アソーカはレイアをレイの摂政につけると言う。その高慢な発言に憤るポー。「レイア様はだなあ!」交渉は決裂する。

 

いっぽうファーストオーダーは、その支配を強固なものにするため、旧共和国首都惑星コルサントをスター・キラーへと改造していた。その巨大な超空間レーザーの威力を示すため、スノークは惑星キジミを破壊する。

 恐怖に混乱する新共和国首脳。レイアは元老院臨時総会に出席し、ファーストオーダーの非道を訴えるが、その晩ファーストオーダーの手によって暗殺される。双子の妹から、レジスタンスを託されるルーク。

 

再度交渉のためネオ・ジェダイ接触し、アソーカに頭を下げるルーク、しかしその裏で、ネオ・ジェダイはファーストオーダーとも折衝を始めていた。キマイラ内で鉢合わせするスノーク、ルーク、アソーカ。スノークの傍らには、肉体と記憶を改造されたレンがいた。 

状況は混乱し、艦内での鍔迫り合いは三つ巴の艦隊戦へと発展する。レジスタンスは混乱を制しスター・キラーのコントロールを取り戻すため、メールシュトローム作戦を開始する。スノークとレンを追うレイたち。一方ルークは、ネオ・ジェダイを抑えるためアソーカの艦隊を追う。

 

レンを追い詰め、スノークの座上するメガ・スター・デストロイヤーに足を踏み入れたレイ。しかしそこで見たのは、糸の切れた操り人形のように倒れこむスノークの後ろに立つ真の黒幕、皇帝パルパティーンの姿であった。

「事態は見えておる。あとは簡単だ」レンに加え、孫娘レイをも暗黒の支配下に置こうとするパルパティーン。しかしその呪縛を断ち切ったのは、再びレイとのつながりを得たレンであった。致命傷を負いながら、レイを背負いファルコンに逃げ延びたレン。「レイ、俺の命を吸って、先に進め」レイの目前で静かに命を落とすレン。再び力を得たレイは、パルパティーン玉座に向かうのだった。

 

スター・キラー内で切り結ぶルークとアソーカ。「死にに来たか ルーク!」「まだ終わらんよ!」セイバーの光が触れ合ったその瞬間、二人の世界はフォースでつながる。ルークにとっては父であるアナキン。アソーカにとっては師であるアナキン。二人のアナキンへの葛藤は結びつき、ルークにアナキンの面影を見るアソーカ。「優しい子に会えてよかった……」そして二人は、スター・キラーとともに爆発の中に消えた。

 

ルークとアソーカの絶命の光は、レイだけでなく宙域にいるすべての生命体に衝撃を与えた。たったひとり、その衝撃を理解できない者、それはパルパティーンであった。「暖かい光? なんだこれは?」レイとの対決のさなか急に弱まった自らのフォースに戸惑う皇帝。そこにセイバーを構えたレイが立ち上がる。

「わかるまいパルパティーン! 人々を玩具のように扱うお前には、私の体を通して出る力が!」そこにはレイに寄り添う、無数のジェダイたちの霊体があった。ヨーダの声がレイの耳元に届く。「パワーがダンチなんじゃ、そんなときはどうする?」悟ったようにセイバーをまっすぐ構え、一点突破で走り抜けるレイ。そしてその刀は皇帝の胸を貫いた。

「貴様も連れていく!」貫かれながらもレイに手を伸ばすパルパティーン。すんでのところで、レイはセイバーから手を放し、そのまま爆発の衝撃で宇宙空間に放り出される。それを救ったのは、ファルコンのハッチから手を伸ばしたポーとフィンだった。3人は抱き合う。「息をしてる! 私、まだ生きてる!」その声には、確かに喜びがあった。

 

ファーストオーダーは壊滅し、アソーカを失った旧帝国軍は新共和国軍の一部として解体された。失われた玉座にも、新共和国の議事堂にも、レイの姿はなかった。惑星タトゥイーンにひとり降り立ったレイは、そこにルークとレイアの幻影を見る。彼女は二人のセイバーをそこに埋め、背を向ける。彼女は名を持たぬ一人のジェダイとして生きることを決意した。もう、幻影は見えない。彼女は一人で自在に宇宙(そら)を泳げるのだ。