farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

オーストラリア象とアボリジニ、驚異の象文化のこと

オーストラリアの原住民族アボリジニの文化には、象をモチーフにしたものが少なくない。その最たるものが民族楽器デジュリドゥだ。穴の開いた長いユーカリの木の管楽器で、波のある重低音を鳴らす。これは明らかに象の鳴き声を模している。

確かに、アボリジニがオーストラリアに到達するまえ、オーストラリアには象が住んでいた。それがオーストラリアゾウだ。ボルネオゾウとおなじコビトゾウの一種で、体高150~180㎝。化石から概算された脳の体重比はゾウ科のなかで最も重く、イルカを上回ると考えられている。

f:id:debabocho:20130401222416j:plain

この絶滅した象の研究でもっとも議論を呼んだのは、骨の化石ではない。足跡の化石だ。いくつかの足跡のちかくには、鼻で描いたと思われる模様も残されていた。いずれもおおむね、長い曲線に交差されたいくつかの直線と、鼻先でつけられたと思われる点で構成されている。なかには、露出した岩肌や洞窟の壁にタールで書かれたものも見つかっている。

この模様は、象の歌を表現したものだと信じられている。そのパターンの多くが、アボリジニのデジュリドゥ音楽と一致するからだ。曲線はデジュリドゥの音の周波数パターンを、直線や点はリズムを表している。

さらに問題となるのが、洞窟に残された模様だ。もっとも古い模様の痕跡は、アボリジニがまだ大陸に到達していない7万年前頃のものだが、その模様は上書きを重ねられ、最新のものはわずか4千年前、オーストラリアゾウが絶滅した後にまで続き、変化している。そして、この一部は「意味」が解明されている。なぜなら、これはアボリジニの原始文字だからだ。

この模様は、単なる音の模倣ではない。オーストラリアゾウが残し、アボリジニが引き継いだ文字なのだ。アフリカゾウも鳴き声と足踏みで高度なコミュニケーションをとると言われているが、オーストラリアゾウのそれは明確に「言葉」であり、「表音文字」として残されている。

オーストラリアゾウは、アボリジニの流入後に急速に数を減らし、絶滅したと考えられている。その頃のゾウの化石には槍に刺された痕が、ヒトの化石には鈍器による陥没が多くみられる。鈍器自体の化石もある。岩をツタやシュロの葉を結んでつくった縄に括り付けたフレイル状のもので、人間が使える重さのものではない。これは象の武器だと考えられている。

オーストラリア大陸に到達した最初の非有袋類動物であり、最初の知的生物、オーストラリアゾウ。彼らはヨーロッパのネアンデルタール人とおなじように、現生人類と争い、負け、絶滅していった。一方で洞窟の中では、ゾウとヒトとの文化の交流があり、アボリジニは彼らの文化を引き継いだ。われわれ人類の文化的血脈には、たしかに、絶滅した異種族の文化が流れこんでいるのだ。

現在わずかながらだが、オーストラリアのダーウィン大学を中心に失われたゾウ語の研究が行われている。オーストラリアゾウの文字は現在、象形文字と呼ばれている。