farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

秘密の森 - 海外ドラマレビュー & キャラクターガイド

Twitterを使った韓国tvN制作のドラマ『秘密の森』おおよそ140文字エピソードガイド&感想。

あらすじ

検察官ファン・シモクは、建設会社社長パクから呼び出され彼の家に向かうが、そこには死体となった彼の姿があった。竜山署の刑事ハ・ヨジンと共に犯人を追うシモクだが、彼は上司である次長検事イ・チャンジュンが、殺されたパクと裏で繋がっていたことを知っていた。シモクは検察内の不正を暴くことができるのか? 壮絶な騙しあいが始まる。

『秘密の森』は、日本ではNetflixオリジナルドラマとして配信中。

www.netflix.com

登場人物

キャラクターがとにかく多く、かつスーツのおっさん率高めで混乱するので、メモとして。

ファン・シモク(演:チョ・スンウ

西部地検刑事3部 検察官。天才的な頭脳を持つが、子供のころの情動調節障害の治療のため感情を失い、偏頭痛に悩まされる。被害者のパクが厚岩洞の自宅で殺される直前に彼から呼ばれ、殺人現場の最初の目撃者となる。上司の紹介でパクから接待を持ち掛けられていたことから、検察内部の不正を疑い捜査を進める。

ハ・ヨジン(演:ペ・ドゥナ

竜山署強力班(強行犯担当課に相当)刑事。感情は豊かで正義感が強い。事件現場で偶然シモクと居合わせたことから、公助捜査で行動を共にすることが多くなる。情に厚く、被害者の母親を気に掛ける。

パク・ムソン(演:オム・ヒョソプ)

事件の被害者。建設会社社長。何かの秘密があり検察のイ次長に便宜を図っていたが、会社が破産したことから縁を切られ、その後老母を残したまま何者かに殺される。その直前にシモクを呼び、何かを告げようとしていた。

カン・ジンソプ(演:ユン・ギョンホ)

ケーブルテレビの修理業者。パクの殺害直前にパク邸に入っていたことから、第一容疑者として逮捕される。妻子があり、無実を訴える。

イ・チャンジュン(演:ユ・ジェミョン)

シモクの上司。西部地検 刑事部次長検事。中堅財閥ハンジョグループの会長を義父に持つ。パク社長の関係する何らかの不正行為を知っており、彼から過大な接待を受けていた。シモクにも仲間に入るよう勧めたが断られ、彼が事件を通して不正を追及し始めたと知ると、彼に圧力をかけ始める。

ソ・ドンジェ(演:イ・ジュニョク)

刑事3部検察官。イ次長とともにパク社長の接待を受けており、シモクを目の敵にする。

ヨン・ウンス(演:シン・ヘソン)

シモクの下で見習いとして働いていたが、パク殺害事件の担当検事として取り立てられる。かつて法務部(法務省)長官だった父親ヨン・イルチェの失脚はイ次長に関係している。

カン・ウォンチョル(演:パク・ソングン)

刑事3部 部長。シモクの独断に手を焼く。

ユン・セウォン(演:イ・キュヒョン

刑事3部部の事件課長。カン部長の命でシモクの身辺を洗う。

キム・ウギュン

竜山署 警察署長。イ・チャンジュンと懇意。

キム・スチャン

竜山署刑事。ヨジンの上司で、署長、イ・チャンジュンとも繋がる。

チャン・ゴン

竜山署強力班刑事。ヨジンの後輩。

パク・スンチャン(演:ソン・ジホ)

竜山署強力班の新人刑事。

キム・ジョンボン

シモクの中学時代の同級生。カンを弁護した事務所で事務長を務めていた。

ヒョンチョル

ウンスの元恋人。

クォン・ミナ

ホステス。パクの接待に使われている。本名キム・ガヨン。

ギョンワン

被害者の息子。兵役に就いている。

イ・ユンボ

ハンジョグループ会長。イ・チャンジュン次長の義父。

 

エピソード・レビュー

第1話

検察官シモクは、検察への収賄を疑われる男の死体を発見、刑事ヨジンと共に犯人を追うが……。盛りだくさんの展開とスピード感は韓国テレビドラマならでは。言い換えれば見せ方に幅がなく映画級とは言い難い。導入編としてがっちり心を掴む内容で、続きを見たくなるのは確か。★★★★

第2話

容疑者カンの死後、次々と現れる殺人偽装の証拠と隠ぺいの罠。目前の上司の不正に、シモクは迫れるのか……? 中締めで臭いセリフを臭く言うシーンは少々興ざめだが、最後の展開は驚く。ここまでは謎の解明にまっすぐ進んできた物語、いよいよ騙しあいの本領発揮。★★★

第3話

イ次長に取引を持ち掛けたシモクは独断でテレビに出演し、状況を敢えてかき乱す。シモクのパーソナルな面がフォーカスされ、捜査一辺倒だった先の2話に比べ緩急のある展開。テレビという舞台で派手さもアップ。むさくるしい男たちの騙しあいの中、ヨジンの温かな個性が際立つ。★★★★

第4話

ウンスの秘密を探るシモク。一方ドンジェは保身のため行動を起こし……プロットが錯綜し登場人物も多く、さすがに混乱してくる。中盤ヨジンが状況を整理するが、そこで思うのはヨジンと同じ「いくら何でも回りくどすぎる」。それが劇の醍醐味でもあるが、ついていくので精一杯。★★★

第5話

ホステスを殺そうとしたのは誰なのか? その容疑は意外な人物に……。新人物もなく意外と進展はないが、シモクが正面切って次長を問い詰めるシーンは事件のターニングポイントで、見応えがある。次長の見え方も変わってきた。クサいセリフもそれを感じさせないスピード感。★★★★

第6話

ホステス殺しの動機を探るシモク。証拠はソ・ドンジェの関連を指し示すが……。ヨジンとの会話を通しシモクの感情が僅かに開かれる。そんなシーンが心地よい。しかし緊迫感の演出とはいえ片っ端からお前が犯人かと問い詰めるシモクのやり方には飽きがくる。ドンジェの顔芸も。★★★

第7話

ヨジンの疑惑をかわすドンジェ。犯人でっち上げは成功するか……? 息切れなのか、シナリオも撮影も演技も急に1ランク落ちた気が。シモクとウンスの会話には何の色気も感じられず、逆に演技過剰になったキャラもいる。ドンジェの顔芸ばかり目立つ展開だが、ラストは報われる。★★

第8話

ドンジェを追い込むシモク。そこに検察をゆるがすニュースが飛び込む。ドンジェのゲスさにイライラしっぱなしだが、おかげで手塚治虫の名言を引き合いに出すヨジンの正義感が際立った。もはやセリフや撮影のクサさを取り繕う様子もなくなったが、そういうものだと割り切る。★★★

第9話

正面から不正事件を追う身となったシモク。敵は身近にいるのか……? シモクの周辺環境がガラリと変わり、新鮮な掛け合いが楽しめる。ちらりと顔を出すシモクの正義感もよい。完全ネタキャラと化したドンジェの出番は減ったが、その分検事長の妻の顔芸がウザさを増してきた。★★★

1-10

意識を取り戻した被害者。その裏で署長は必死の保身を図るが……。ウンスの父の問題に一応の決着がつき、大きな収賄の構造も見えてくるが、シナリオとしてはいまいち緊迫感がなく、盛り上がりに欠ける回。序盤にお為ごかしに入る軽トラカーアクションは唐突すぎて失笑。 ★★★

以下継続更新中……