farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

ジャンル:社会派

映画『ウォー・マシーン 戦争は話術だ!』 - 「情けない」おはなし

観終わって、なるほどと感心した。こういう映画はNetflixだからこそできたのかもしれない。ド派手なブロックバスターとも、単館系の物語映画とも、あるいはテレビサイズのドキュメンタリーとも違った、特異な手触りだ。 あらすじ 部下からの信頼も厚いアメリ…

映画『パトリオット・デイ』 - 真実の物語、偽物は誰だという話。

観終わって調べてみて、びっくりした。これ、M・シャラマンの『シックス・センス』並みの叙述トリック作品じゃないか。ボストンマラソン爆弾テロ事件を、状況も登場人物も現実に極限まで近づけて描いているのに、肝心のあるものだけが、現実じゃない! いや…

帰ってきたヒトラー: 面白いアイディアなのに、なんだか退屈に感じてしまう映画

たいへん面白いテーマで、小説の翻訳が出た時は読もう読もうと思っていたものの、結局スルーしてしまった。ごめんなさい。で、めでたく映画になったんで観たわけだけど、なんとも感想が言いづらい映画だなあ。 映画の半分は、実際にドイツじゅうでヒトラーの…

『スポットライト - 世紀のスクープ』 - 有能な上司がすべてを変えるというビジネス映画

カトリック教会の小児性愛スキャンダルを暴いた、2002年のボストン・グローブ誌の取材チームの活躍を描く映画『スポットライト』。事件がどれだけ酷いものかは語りつくされていると思うんで、「物語」としての感想を書くと、びっくりしたのは、編集局長マー…

『ルーム』 - 犯罪被害者の苦痛は永遠に続く。辛い映画。

たとえばドラマ『クリミナル・マインド』なんかそうだけど、異常犯罪・猟奇犯罪をテーマにしたサスペンス・ドラマはたいてい、警察VS犯人、事件が解決するまでを描く。事件の「被害者」は、実のところ脇役でいることが多い。ところが、この映画はその逆を行…

独裁者と小さな孫 - 映画感想:立体的なひどい目体験映画

亡命イラン人作家モフセン・ マフマルバフがジョージア(グルジア)で撮影した、その名のとおり独裁者とその孫を主人公にしたロードムービー。一種の地獄めぐりで、視聴者は彼らとともに、辛い現実を何度も目撃することになる。 あらすじ とある国。富を謳歌…

海外ドラマは“特攻”をどう描いているのか

帝国時代の日本の「特攻」の精神性は、欧米には理解されないのか。あるいは自爆テロの行動原理は、我々には理解できないのか。どうなんだろう。 実はアメリカのテレビドラマでも、主人公側が特攻をかける描写は結構ある。中には直接的に神風特攻隊に言及し、…

Law&Order: UK シーズン3 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー:UK』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第3シーズン。本国では第5,6シーズンとして放送された。 あらすじ 英国検察庁ロンドン支局では局長のキャッスルが退任し、後任のヘンリー・シャープ検事が指揮を執ることにな…

Law&Order UK シーズン2 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー:UK』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第2シーズン。本国では第3,4シーズンとして放送された。 あらすじ ロンドン各地で起こる重大犯罪は、ナタリー・チャンドラー警部補指揮下のセントラルロンドン署重大犯罪課に…

刑事フォイル: 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った NHK BSプレミアム放送中のドラマ『刑事フォイル』の全話レビュー。 各話視聴後に追加していきます。 あらすじ 第二次大戦さなかの1940年、イギリス南部の町ヘイスティングス。軍務を希望しながら人手不足を理由に赴任してきた警視正ジョン・…

キングスマン:格差社会の怨嗟を込めたからこその傑作

ある意味すっごくしんどい映画だった。傑作であることは間違いなくて、とってもフザけた内容で、スタイリッシュに描かれたスパイアクションだ。だけど、その毒に満ちたファンタジーは、劇中挿入される現実のイギリス下層社会に鬱積している感情の発露だ。イ…

『チャッピー』キリスト教の倫理観

個人的にこれを『ロボコップ4』と呼ぼう! ロボットの在り方はロボコップとほぼ同じ、ただ違うのは、ロボコップがロボットから人間への回帰だったのに対し、本作が新しい知的種族の発生を描き、テーマが外に広がっていくことだ。 あらすじ 荒廃した南アフリ…

『海にかかる霧』映画レビュー: これぞ韓国映画!

韓国版極悪タイタニック。漁船の密室空間でおこる惨劇、そして登場人物がどんどん狂っていき、人間の持つ本性が明らかになっていく。冒頭で緻密に描かれた日常が、終盤の圧倒的な異常空間と見事な対比となっている。

Law&Order UK: シーズン2(シーズン1後半)- 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー: UK』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第2シーズン。 注: 日本のスーパードラマTVの放送では英国のシーズン1と2をあわせて “シーズン1” とカウントしている。 あらすじ 英国検察庁ロンドン支局では、アリーシャ・フ…

Law & Order: UK シーズン1 - 海外ドラマ全話レビュー

英国版ロー&オーダー 第1シーズンの全話あらすじ+感想まとめ。米国のオリジナル版シナリオを翻案し、現代英国の社会問題を見出していく。原作から見事に飛躍した傑作もあれば、パワーダウンする話も。比較も楽しい。

Law & Order 五つ星エピソード・リスト

Law&Order 全話レビューの5段階評価から、★5点をつけたエピソードだけを列記してみました。全456話中なんと96話! これだけで通常のドラマシリーズ4シーズン分はあります。

Law & Order ベスト3エピソード集 - シーズン16~20

独断で決める Law & Order 各シーズンベスト3、シーズン16~20の計107話から、15話を選出。 いよいよシリーズ終盤、キャストが若返えり、派手な展開のエピソードも増えています。

Law & Order ベスト3エピソード集 - シーズン11~15

全20シーズン・456話あるLaw&Orderのベスト3。シーズン11~15の計120話から、15話を選んでいます。9.11同時多発テロが起こり、社会のありかたが少し変わり始めたこの時代。ベストエピソードにもテロの余波を描くものが増えています。

Law & Order ベスト3エピソード集 - シーズン6~10

Law&Orderの各シーズンベスト3、シーズン5~10の計118話から、15話を選んでいます。もしここに列記したエピにハマれなくても、選択肢はまだ103話あります。いろいろ観て、お気に入りの犯罪を探してみよう!

Law & Order ベスト3エピソード集 - シーズン1~5

全456話もあるLaw&Orderから、独断で各シーズン3話ずつ選びました。幅広く楽しむため、敢えて点の低いエピからも選んでます。いろいろ観れば、きっとお気に入りの殺人事件が見つかるはず!

『パークランド - ケネディ暗殺、真実の4日間』映画感想

ケネディ暗殺を描いた映画の中でも、本作はよくある陰謀論から一歩引いて、『ER』のように事件のパニック的な状況に関わる“普通の人々”を描いた群像劇だ。硬派でいい映画なのに、もうひとつ足りないのは、(ない物ねだりだと判っていても)ユーモアなんだと思…

Law & Order シーズン1 - 海外ドラマ全話レビュー

今後通算40シーズン以上が作られていく一大フランチャイズ・シリーズの幕開け。凶悪犯罪の多発した80年代から、価値観の多様化と共に犯罪も多様化していくアメリカの状況を真摯に描いていく。

グッド・ワイフ シーズン4 - 海外ドラマ全話レビュー

『グッド・ワイフ』おおよそ140文字全話エピソード・ガイド&感想。これまで物語を引っ張ってきたアリシアとピーター、ウィルの関係がひと段落し心機一転。意外なところでカリンダのダークな過去が物語をひっかきまわす。管財人やピーターの選挙戦など、新た…

『それでも夜は明ける』映画感想: 美しい絵、醜悪な現実

ド直球に社会問題を描く映画はテーマ性が先だってしまいバランスが悪かったりするよなあ……と薄っぺらい皮肉を考えながら観に行ったらごめんなさい。飛び込んでくるのは絵の美しさ、編集の巧みさ。そして、絵に込められた様々な比喩の説得力。上手い。すごく…

Law & Order シーズン9 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第9シーズン。 あらすじ 娘との生活を優先させるために退職し、再び弁護士として活動をしていくこととなったロス検事補。彼女に代わり、麻薬犯罪専従で手柄をあげてシフ検事に買わ…

Law&Order シーズン8 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第8シーズン。 あらすじ NY地方検事局、27分署とも、人員の転換もなく始まるが、検事たち、刑事たちは、それぞれが抱える個人的な問題に直面することとなる。 27分署で見事な手腕…

Law & Order シーズン20 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第20シーズン。 あらすじ ついに最終シーズンとなるシーズン20。NY地方検事局、27分署とも、前シーズンからレギュラーの変更はない。しかし27分署では、ヴァン・ビューレン警部補…

Law & Order シーズン19 - 海外ドラマ全話レビュー

第19シーズンの5段階評価つき140文字エピソードガイド・感想。前シーズン後半でグリーン刑事から交代したバーナード刑事が引き続きレギュラーに。検事選に挑むマッコイ検事の正義追及はますます激しくなる。

Law & Order シーズン7 - 海外ドラマ全話レビュー

第7シーズンの5段階評価つき140文字エピソードガイド・感想。今シーズンはキンケイド検事補に代わりジェイミー・ロス検事補が登場。今までにないアグレッシブなアシスタントで、マッコイ主席検事補と名コンビとなる。

Law & Order シーズン18 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第18シーズン。 あらすじ ジャック・マッコイが、アーサー・ブランチに代わりいよいよNY群地方検事となる。かつて政治を嫌っていた彼は、その正義を貫くため敢えて政治の世界へと…

Law & Order 全456話エピソードガイド&レビュー まとめ

海外ドラマ『ロー&オーダー (Law & Order)』の全エピソード 20シーズン456話を、Twitterを使ってすべてレビュー(あらすじ&感想)するという無謀なプロジェクト。Weblog『圏外日誌』に書かれた各シーズンレビューへのリンクがあります。 Law&Orderとは ロ…

Law & Order シーズン6 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第6シーズン。 あらすじ 不祥事で巡査に降格、異動となったローガン刑事に代わり若手のレイ・カーティス刑事が27分署に着任する。ペルーとプエルトリコの複雑な血を引く彼は、保守…

Law & Order シーズン5 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使ったロー&オーダー おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第5シーズン。 あらすじ 退職したストーン検事補に代わり、いよいよ番組の顔となるジャック・マッコイ(サム・ウォーターストン)が主席検事補として登場する。ストーンと違い声…

Law & Order シーズン17 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第17シーズン。 あらすじ 27分署では引退したフォンタナ刑事に代わり新米女性刑事のニーナ・キャサディ(ミレーナ・ゴヴィッチ)が配属となる。偶然挙げた功績とその美貌によるPR…

映画感想『悪いやつら』 ほんとうに悪いだけの、素晴らしい映画

韓国のやくざ映画。90年代という意外なほど近い時代、釜山で、やくざが生きる風景を描く。もうこれぞ韓国映画! といった暴力映画。 “良さ”がないやつ まあヘンな映画といえばヘンな映画なんだ。全編ずーっとダラダラ、やくざと、やくざになり切れない小悪い…

Law & Order シーズン16 全話レビュー

Twitterを使ったロー&オーダー おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第16シーズン。 あらすじ NY市警27分署、ヴァン・ビューレン警部補の率いる刑事分隊では、凶弾に倒れ戦線を離れていたグリーン刑事が復帰。ファルコ刑事に代わってフォンタナ刑事…

Law & Order シーズン4 ‐ 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使ったロー&オーダー おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第4シーズン。 あらすじ 刑事分隊のボスとしてブリスコー刑事、ローガン刑事を率いてきたクレイゲン警部が(物語では語られないものの)汚職防止タスクフォースへの移動という形…

Law&Order シーズン3 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使ったロー&オーダー おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第3シーズン。 あらすじ 国際問題に絡む犯罪やコンピューター犯罪など、複雑化する犯罪に挑む警察と検察の面々。心理学の検地で彼らを支える準レギュラーの契約精神科医、オリヴ…

Law&Order シーズン15 140文字全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第15シーズン。 あらすじ 27分署の顔役として捜査を続けてきたブリスコー刑事は引退する。彼は引退後もNY地検の殺人事件担当部の契約調査員としてときおり仕事をする。 ヴァン・ビ…

Law&Order シーズン14 全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第14シーズン。 あらすじ 警察、検察ともに前シーズンと変わらぬチームで幕を開けるシーズン14。 ブランチ地方検事が2年目に入ったNY地検では、9.11後の中東での米軍活動は長引き…

Law&Order シーズン13 全話レビュー

TwitterでのLaw&Order全話レビュー、シーズン13の全話紹介と感想。ルーウィン検事は選挙に勝てなかったようで、保守派のアーサー・ブランチが新検事として着任。リベラルよりの検事補たちとのやりとりが見もの。 レビューリンク Index | シーズン1 | シーズ…

Law & Order シーズン12 全話レビュー

Twitterを使ったロー&オーダー おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第5シーズン。 あらすじ 連邦検事局NY支部のオファーを受けたカーマイケル検事補は、それを受諾しNY地方検事局を去った。マッコイ主席検事補のアシスタントに着任したのは、セリ…

Law&Order シーズン11 おおよそ140文字レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第10シーズン。 あらすじ ニューヨーク地方検事アダム・シフが任期中にその職を辞し、次期地方検事選挙までの代理としてノーラ・ルーウィンが地方検事に指名される。リベラル…

海外ドラマ:Law&Order 10‐24話『正義の行方』

Law&Order 第10シーズンのフィナーレは、まさに10年ぶんの法廷劇を締めくくる大演説で幕を閉じた。今回で降板となるシフ検事も、マッコイ検事補を力強く支援し、有終の美を飾っている。 戦争を殺人として裁けるのか? アメリカ合衆国にとって、南米諸国は、…

Law & Order シーズン10 - 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『ロー&オーダー』おおよそ140文字全話エピソードガイド&感想、第10シーズン。 あらすじ 妻のため早期退職したカーティス刑事に代わり、エド・グリーン刑事(ジェシー・L・マーティン)が登場、ブリスコー刑事の新たなパートナーとなる。ヴ…

海外ドラマ: Law&Order 性犯罪捜査班:11-10話『移民』

1シーズンに1話はある、ICE-T演じる、フィンことトゥトゥーラ刑事メインのエピ。彼が主役になるとどうもヒロイック・アクション系の話が多いような印象だが、今回は裁判劇として見応えがあった。 フィンを頼る売春婦が見つけた、子供の死体。管轄外であるが…

ザ・ホワイトハウス 136話『リークの張本人』:海外ドラマレビュー

ザ・ホワイトハウスは最終第7シーズンでいよいよ大統領選の本選挙がテーマとなり、視聴者は半年かけて、架空のアメリカ大統領選を追体験することになる。バートレット大統領の後継たる民主党のサントス議員と、共和党のヴィニック議員の熾烈なキャンペーンを…

海外ドラマ: ザ・ホワイトハウス 第132話『民主党全国党大会』

前回まとまりのないエントリを書いて、それからずいぶん間があいてしまった。リハビリに、『ザ・ホワイトハウス』シーズン6最終話の吹き替え版セリフ起こしをしておこう。指名候補者選びが紛糾した民主党全国党大会の、マシュー・サントス大統領候補の最後の…

海外ドラマ: Law&Order 性犯罪特捜班 3-15話『死刑執行のカウントダウン』

――連続殺人犯ブローダスの死刑執行3日前。ステイブラーとホァンは、彼の尋問を行っていた。死刑確定後のブローダスの発言から、彼が11年前の婦女暴行殺人事件の真犯人ではないかという疑いが生じたのだ。しかし狡猾なブローダスは、刑事と精神科医との尋問を…

海外ドラマ: Law&Order 性犯罪特捜班 4-22話『最後の切り札』

FOXの日曜あさの3話連続放送がきょうは無くて(ドクター・ハウスだった)、ちょっぴりがっかりしてたら、夜はFOXプラスで2話連続がやってるのね。FOXプラスは、FOXクライムとかの有料放送が観られないひとのためのお恵みチャネル。HD放送なんで嬉しいんだけ…