farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

ジャンル:SF

X-ファイル シーズン1: 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『X-Files』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第1シーズン。 あらすじ FBIの新鋭捜査官ダナ・スカリーは、突然の異動でフォックス・モルダーとのコンビを組むことになる。プロファイリング能力で多くの難事件を解決してきたモルダー捜…

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』映画感想: なぜ寝たか

すっごいイイ映画だったけど、寝てしまった。 制作者の方々にちくっと心が痛みつつも、まあ1,800円払ったら寝るのも権利のうちと堂々としてはいる。で、問題はあの映画、あの内容で、なぜ寝てしまったのか。 あらすじ 銀河のかなた。子供のころ異星人の盗賊…

『ALMOST HUMAN / オールモスト・ヒューマン』レビュー: なにが失敗だったのか

近未来アメリカ。テクノロジーで変容した都市と犯罪。感情を持つアンドロイドと、片足と記憶を失った人間の警官。これだけで十分に胸のときめくSF設定を背負った『オールモスト・ヒューマン / ALMOST HUMAN』だったのに、その結果は第1シーズンを持ちこたえ…

『ALMOST HUMAN / オールモスト・ヒューマン』海外ドラマ全話レビュー

近未来、続発するテクノロジー犯罪に対抗するため、警察機構はアンドロイドを導入、警官のパートナーとした。ケネックス刑事と感情を持つアンドロイド、ドリアンの物語。140文字レビュー。

SF映画 オールタイム ベストテン at 2013

SF映画 オールタイムベスト10:『ロボコップ』人間性取り戻す物語『2010年』明確な答えがある喜び『ミッション 8ミニッツ』気づかれない深いSF設定『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』実は骨太のナノテクSF etc.

Kinde Paperwhite(ニューモデル)2013 - 闇の左手より重く、しあわせの理由より軽い

初めて買った読書端末。重さは文庫本より軽いのに金属的な重量感がある。読書感は十分で、読み慣れたSFから読み始めたせいか違和感なく移行できた。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 映画感想 - スポックとハリソンという鏡像

えー、様々な想いがあるんですが、1点に集中して書きます。 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は2009年の『スター・トレック』の続編となるリブート・シリーズ第2作。今回も60年代~2000年代まで続いた“旧シリーズ”(この表現が適切かどうか…)の…

映画感想『パシフィック・リム』 誰もが夢見たのに、誰も観たことのなかった絵

『パシフィック・リム』は、太平洋から次々と現れ沿岸を襲う100mはあろうかという巨大怪獣(Kaiju)と、人類文明の破滅を防ぐため開発された巨大ロボットの闘いの物語だ。 とても面白くなるとは思えないと、思ったんだけど 正直、気に入らなかったのだ。だっ…

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』最初の9分観た!

せっかく日本で最初にプレビューされたのに、関東圏では 土 浦 でしかやってないという悲惨な状況の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』冒頭9分の映像だけれど、こんなもの深夜『新スタートレック』を明日打ち切りになるのではとヒヤヒヤしながら観て…

『ロックアウト』映画感想 - リュック・ベッソン堂々のダメSFっぷり!

リュック・ベッソンの、宇宙刑務所からの脱出を描くSFアクション。いやーダメ映画だった! いくらユル系アクションったって限度があるわよ。 なにが Based on Luc Besson's Idea だ! いや、ちょっと面白いかな、と思ったんですよ予告編観て。2079年という近…

『サイボーグ009』映画感想 - 立派なSFなのに、どうすりゃいいんだコレ……。

『希望の国』を観た鬱気を払おうと、気軽に観たんだけれど、これが凄まじい……なんというか……凄まじかった。 よくわからなかった。でも面白かった! 映画が終わったとき、となりの席に座っていた女性ふたりから聞こえてきた第一声は、「よくわからなかった。…

ドリームワークス対円谷プロ

ことし、全米は宇宙侵略ブーム! で、6月から始まるテレビシリーズ "Falling Skies" も期待大なんだけど、キービジュアルにどこか見覚えがあると思ったら……。 『ウルトラマン タロウ』のZAT基地だ。

『異星人の郷』 読書感想

年末だし、ちょっと時間ができたんで、もっのすごく久々に、最近読んだり観たりしたものを書いていこう。 感想 中世ドイツの村に墜落した異星人と村人とのと、彼らの存在を現代から解き明かしていく学者たち。久々に心引かれる設定で読み始めたが、期待以上…

海外ドラマ:『ギャラクティカ』最終回、そしてテーマの本質はなんだったのか?

ギャラクティカを見終わってまず強く思ったのは、これは死の物語、ローラ・ロズリンの物語だということだった。ギャラクティカに描かれたのは、人類という種族が、いかに死んで(滅んで)いくかの過程だった。それは、ローラ・ロズリン大統領の末期癌の命運…

海外ドラマ: スタートレックヴォイジャー: おおよそ140文字全話レビュー シーズン3

シーズン3まで来た。5段階評価は★3つが「いつものスタトレ」で、★4「おおっ面白い!」、★5「こりゃ傑作じゃ!」、★2「んーちょっとなあ」★1「これは無いよね」という、しごく感情的なもの。10段階にすると、いろいろ要素分析的な面が出てきそうだから、5段階…

海外ドラマ: スタートレックヴォイジャー: おおよそ140文字全話レビュー シーズン2

このレビューではじめて5点満点評価なんてことをしてるんだけど、作品の面白さを測るんでなく、いまの私が何を“おもしろがっているか”を測る物差しになるんだと思う。ちなみに私は『新スタートレック』(TNG)第3シーズンを信仰してるので、TNG第3、第4シー…

『第9地区』映画感想 - アバターの双子にして至高のロボット映画

こんなマニア受けする映画を他人と観るのは勇気の要ることだけれど、結果、一緒に観てよかったと思う。SFなんか見たことも無く、ふだんハッピーエンドが約束された作品をテレビで見る程度のそのひとは、エンドロールが終わって、深いため息をつき、「人間な…

海外ドラマ:スタートレック ヴォイジャー:おおよそ140文字全話レビュー シーズン1

スーパー! ドラマTVでのなんどめかのヴォイジャーベルト放送で、ついに決意した。いままで10年海外ドラマ関係のWeb日記をつけて一度もできなかったことをやる、と。全話レビューだ。しかも点数までつけてしまう(5点満点) これが可能になったのは twitter …

海外ドラマ: スーパーナチュラル 66話『幽霊病』

S!DTVの第4シーズン放送から、たまたま定期録画の時間にひっかかって観るようになった『スーパーナチュラル』だけれど、正直、思っていたより面白い!“イケメン兄弟ふたり旅”という荒っぽい説明を聞いて、勝手に耽美的な、ターゲットを女性向けに絞ったもの…

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』 映画感想

今年の年貢を納めてきた。『ゴジラ対ビオランテ』以来、なんだかんだで毎年のように納めている怪獣人生。毎年まいとしダメ映画だとわかっているのに、どうしても観てしまう。どんな怪獣映画にも、必ず一片の怪獣への想いがあり、観るべき絵、観るべきSF性が…

『2012』 映画感想

久々にデカい映画だ。エメリッヒの『インディペンデンス・デイ』は素晴らしい映画だと思っているので、あれを超えるエメリッヒ映画は二度とあるまいと思いつつも、数年に一度、彼のあの映像と“モラル”が見られるかと思うと、うきうきと足を運んでしまう。以…

海外ドラマ: HEROES 第55話『聖域』

あまりに設定が広がりすぎて迷走していたかに見えた『HEROES』だけれど、新チャプターになって設定がやキャラクターがどんどん整理されてきたようだ。僕も次第に視聴意欲を取り戻してきた。特に最近の55話、56話では、ヒーローたちと対峙するヴィランたちに…

『ベガーズ・イン・スペイン』 読書感想

“ベガーズ”って何のことだろうと思ったら、乞食(beggar)のことだったのね。カタカナで書かれるとなんか高尚な言葉にみえてしまう。そういえばニュージーランドでは、誰かに向かって悪態をつくとき「バガ!」と言ってたけど、あれも beggar の音変化だった…

スタートレックでムカつくことトップ10

みーんな考えてるけど、口にできないことってあるよね? そんなわけで(どんなわけだ)2003年にちょっと訳した "Top 10 Things I Hate About Star Trek" を再掲。こちら経由で知ったコレが元ネタです。ノリ重視でかなり超訳してます(訳出してないところも多…

『超弦領域』 読書感想

2008年日本SF傑作選。別に酔ってるわけでもないけど、書きたいことをかいちゃおう。 『ノックス・マシン』ミステリの事に通じてなくても、まっとうに面白かった。観慣れた/読みなれたタイムトラベルネタでも、ちゃんと説得力のある文章を書ける人の手にかか…

海外ドラマ: HEROES/ヒーローズ 第40話『死にゆく光』

――レベル5から脱獄した“人形つかい”(パペットマスター)能力者エリック・ドイルは、小さな劇場を支配していた。彼を追ったメレディスは、ドイルの能力に捕らえられ、歪んだ愛情の対象とされようとしていた。メレディスを助けるために劇場に入ったクレアとサ…

海外ドラマ: ギャラクティカ 第49話『サボタージュ』

――離陸直後のラプターがエンジントラブルにより遭難、燃料不純物が原因だと判明する。チロルは調査のために燃料精製船ヒテイ・カン号に入るが、そこで目撃したのは劣悪な労働条件と、旧植民地惑星の出身地差別がそのまま固定化されてゆく現実であった。船団…

映画『スター・トレック』を観るときに知っとくとほんの少し得すること。

なんにも知らずに観ても楽しめる映画だけど、設定をちょっと知っとくと理解がスッキリするかもしれない事柄を。舞台設定 時代は23世紀(2200年代)中ば。地球人は既に150年以上も前に異星人とのコンタクトを果たしており、地球に異星人がいる光景は当たり前…

海外ドラマ: 『ターミネーター: サラ・コナー クロニクルズ』観る前から残念感あふれる状況に

遅いフォローだけど、『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』はどうも現状シーズン2で打ち切りっぽい。まあ次シーズン製作にGOが出るまで間がある事もけっこうあるみたいなんで、まだ可能性がないわけじゃないけど、放送中からけっこう評判わるかっ…

海外ドラマ: ジャーニーマン 第4話『ブラインド・デートの結末』

春からFOXチャネルで始まったシリーズ、プレミアエピソードを見逃したんで設定が掴みきれずとまどってるんだけど、第4話から観はじめた。主人公ダン・ヴァサーがショートタイム・タイムスリップを繰り返し、過去と現在の人々の運命に触れてゆく物語なんだけ…