読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

farsite / 圏外日誌

Gaaoline's Web Journal: Writing about US/UK TVs, cinemas, and foods I love.

X-ファイル シーズン8 海外ドラマ全話レビュー

Twitterを使った『X-ファイルX-files)』おおよそ140文字エピソードガイド&感想、第8シーズン。

あらすじ

f:id:debabocho:20160706135749j:plainUFOに誘拐され行方不明となったモルダー。カーシュ長官代理はある思惑からモルダーの捜索を進めるため、ドゲット捜査官を送り込む。一方、スキナー副長官とスカリー捜査官も、陰謀説を暴くため、親友である彼のために、モルダーを追う。スカリーにはもうひとつ、人工授精で身籠った子供のためにという、隠れた目的があった。

彼らの奮闘も虚しく、モルダーの確保は失敗に終わる。懲罰的にX-ファイル課に配属されたドゲットは、モルダーの影響で常識にとらわれない思考が身に着いたスカリーやスキナーのやりかたに戸惑いつつも、通常の科学では説明のつかない様々な事件と対峙し、彼女らのやり方を受け入れていく……。

レビューリンク

| Index | シーズン1 | シーズン2 | シーズン3 | シーズン4 | シーズン5 | シーズン6 | シーズン7 | シーズン8 | シーズン9 | シーズン10 |

 

エピソード・レビュー

8-1『サーチ・フォー・モルダー 前編』

カーシュ配下のドゲット捜査官と、スカリー・スキナーコンビが反目しながらモルダーの捜索にあたる。展開には杜撰なところも感じるが、後半は緊迫感も出て後編に期待が持てる。すっかりUFOシンパになったスキナーが心強くも可愛い。★★★

8-2『サーチ・フォー・モルダー 後編』

ギブソン少年を狙う異星人のシェイプシフター。砂漠のただ中の学校で、彼は誰に化けているのか? 一種の閉鎖空間で疑心暗鬼のゲームが展開する。その緊迫感はかなりのもの。ただ肝心のモルダーを取り戻すという筋が脇に追いやられた。★★★★

8-3『爪痕』

ドゲット&スカリーペアの一発目はド直球の怪物譚で、お題は蝙蝠獣人。いかにもな展開の中で、モルダーになろうとして空回りするスカリーの葛藤が紡がれ、観終わると充足感がある。ホラーらしく笑えるシーンもあり。手漕ぎボート漕ぎながら「動くな!」はないだろ。★★★

8-4『ロードランナー

ユタの砂漠の小さな集落で出た死体。住民が信じているものの正体は……? またも剛速球なホラーもの。バナナほどの巨大なナメクジ寄生生物が妊娠中のスカリーを襲う! それだけで満腹感のある設定。ドゲットの立ち回りもシンプルで無駄のない良質ホラー。★★★★

8-5『冥界の使者

誘拐事件から10年後。家族のもとに戻ってきたのは、当時のままの子供だった。不気味な子供の引き起こす怪現象は文字通りオーメン的。ある意味チープだが、そこにハードな小児誘拐ドラマのプロットがうまく噛み合っている。ドゲットの過去の謎の片鱗も見える。★★★

8-6『レッドラム』

彼は気が付くと殺されていた。次の瞬間、彼はその前日にいた。時間逆行ミステリー。6-14話にも似るが、この設定を活かした謎解きとタイムリミットによる緊迫感は一級品。唯一の問題は「なぜ逆行したか」が、また「意志の力」で、SF的な驚きに欠けること。★★★★

8-7『第三の目』

薬物で強制的にチャクラを開いた男。彼が作る死と幻想に、ドゲットとスキナーのハードボイルドコンビ挑む。陰影を使った撮影が素晴らしく、音楽と合わせ極上の不気味さを演出する。明確なオチが示されず恐怖を引きずったままの幕切れは好みの分かれるところ。★★★★

8-8『透視』

邦題どおり透視能力者がゲスト怪人。その透視描写はかなり独特かつ洗練されている。とはいえ銃の命中スキルとは別モノだと思うのだが……。弱視で支配的な兄の存在は、透視能力者の鬱屈した性格に呼応し納得感があるが、いかんせん物語に起伏が少なく盛り上がらない。★★

8-9『救済』

生きる金属と化したイラク戦争の英雄、メタルヒーローの孤独な復讐を描く。シリアスな物語、ハードな雰囲気、上質なSFXで怪人のリアリティがよくでている。だがかつて液体金属ターミネーターを演じたロバート・パトリックが金属人間を追うのはそれ自体がギャグ。★★★

8-10『バドラ』

バドラとはヒンズー語で復讐。米国企業のインド進出で村を失った足のない物乞いの少年が、幻覚術で人々を殺して回る。小人症俳優による怪人は凄みがあるが、怪人の復讐劇という構成はマンネリ気味。展開も散漫で「真実を見る目」というテーマに腹落ち感がない。★★

8-11『ギフト』

モルダーが失踪直前に訪れていた小さな町。その住人がひた隠しにするのは……? 野人とモルダーの謎を追って、なんともまだるっこしい捜査が展開。ところが終盤、野人の真の能力とモルダーの目的がぴたりとハマってすとんと腹落ちする。スカリーの出番はなし。★★★★

8-12『メデューサ

ボストンの地下鉄に潜むのはなんだ? ドゲット率いる調査隊が挑む地下迷宮物件。暗いトンネルが作る緊迫感は非常に高く、スカリーを地上の司令部に置いた構成も巧い。ただ展開は強引すぎる。変死体がゴロゴロ出てきても地下鉄止めない責任者って……。 ★★★★

8-13『受胎』

スカリーが身籠ったのは誰の子なのか。人間に異星人の子を産ませる陰謀と、モルダーとのフラッシュバックを交えながら明らかにしていく。印象的なスカリーのテーマ曲が全編を覆い、彼女の感情を映したような繊細な撮影。物語はスローだが人間ドラマとして見入る。★★★★

 8-14『デッドアライブ 前編』

還ってきたUFO誘拐被害者とカルト宗教の謎。そしてモルダーが……! 新キャラ、レイス捜査官登場でスカリーとの鞘当てが楽しい。筋の分かりにくい脚本だが、衝撃のラストに持っていかれる。UFOもずいぶんハッキリ現れるようになったもんだ。★★★★

8-15『デッドアライブ 後編』

異星人ウィルスを持つ遺体は甦り体組織が変性する! 墓から掘り起こされたモルダーの命運は? なんとナノマシンまでが伏線になり、クライチェックの暗躍 も見られる。しかしオチは拍子抜け。ドゲットのカーアクション意味ないじゃん……。★★★★

8-16『パスワード』

政府は特定の遺伝子保有者を監視していた? 復帰早々ニコニコ顔で大陰謀を解き明かすモルダー、スリー・ガンメン引き連れミッション・インポッシブルを敢行! 詰め込みぎみの物語でドゲットとモルダーのコントラストがいまいち明確にならなかったのが残念。★★★★

8-17『秘密』

今回の怪物は伝染する悪意そのもの。ドゲットの殺された息子の事件と、彼の内なる怒り、悪意がテーマとなる。レイエスを媒介に生まれるモルダーとドゲットの連帯感、幸福なモルダー&スカリーとドゲットの対比など、主要キャラの関係性と感情が巧く描かれている。★★★

8-18『到来』

石油プラントで発生したブラックオイル。アメリカ本土への感染は防げるのか? モルダー&ドゲットコンビで送る密室アクション! だが演出が重苦しすぎる嫌いがある。オイルの力で変化する作業員は超人兵士やTV怪電波とも繋がり、陰謀説の設定を巧くまとめてる。★★★★

8-19『アローン』

ドゲットが経理担当のレイラと組み、謎の大型爬虫類と対峙する。謎の怪物、孤独な科学者、そして密室と王道ド直球の怪奇ドラマ。派手さはないが特撮も上出来。安心して観られて、ラストシーンはほっこりと心に残る。最終話前にシーズン8を締めくくる良い物語。★★★★★

8-20『誕生 前編』

臨月のスカリーを監視する医師たち。彼らを超人として甦ったビリーが襲い、魔の手はスカリーに……。クライチェックや今シーズンのゲストキャラが勢ぞろい、クライマックスのスピーディなチーム戦は派手ではないが手に汗握る。モルダーは随分柔和になったな。★★★★

8-21『誕生 後編』

隠れ家で出産を迎えるスカリー。一方ドゲットらはFBI内部の敵に襲われ……。明確にキリスト降誕を意識した展開。カットバックが繰り返されサスペンスを盛り上げるが、実は物語に起伏は少ない。ラストシーンはこの上ない安堵感。終わりよければすべて良し!★★★★

 

まとめ

総ポイント数

76 / 105

平均

3.62

感想

ギャラとの問題でモルダー役のディヴィッド・ドゥカヴニーの出演回数は減り、代わりにロバート・パトリック演じるドゲット捜査官が新たな主役として登場する。スカリーも妊娠したという設定のため一線での捜査を行うことが少なくなり、代わりにスキナーがドゲットとコンビを組むなど、変則的な出演が増えた。

モルダー&スカリーのコンビが見られなくなったことからパワーダウンしたとの評価が多いが、純粋に各エピソードのクオリティを見ると、このテコ入れは成功だったと言える。マンネリ気味だったモルダー&スカリーのコンビ芸に頼ったまったりエピソードは無くなり、肉体派のドゲットを活かしたハードでスピーディなドラマが作られるようになった。現れる怪物や怪奇現象も恐怖が全面に出され、ホラードラマとして原点に回帰したと言える。

ハード路線をリードしたドゲットというキャラクターは、後半モルダーが復活すると両者のコントラストが明確になり、一層深みが増してくる。その顕著な例が 8-19話『アローン』で、ドゲットの前では全くといっていいほど笑顔を見せなかったスカリーが、満開の笑顔でモルダーと語り合う。それをわずかな羨望の眼差しで見つつ孤独に去るドゲットの姿には、これまでのシリーズで見られなかった種類の共感を得ることができた。8年にわたる人間関係のドラマとして、非常に重要な役割を果たしてくれた。

出演しないドゥカヴニーを逆手にとって、モルダーの救出というシーズンを通した目標を作ったことも、スカリーの妊娠という設定と相まってうまく作用した。いままで風呂敷を広げっぱなしだった陰謀説が、本シーズンでは両シナリオを軸に集約され、いくつかの枝葉末節的な設定は大きな設定と整合性が採られ、終息することとなった。ただ、シガレット・スモーキング・マンの登場がなくなり、陰謀組織側がどんな体制で何を目論んでいるのかが分かりづらくなったのは残念。

今シーズンの最終話はクリフハンガーエピソードではない。まだ多くの謎が残ってはいるものの、モルダーとスカリーの物語に大きな区切りがつき、シリーズのグランドフィナーレとしても、いちおう形がつく格好になっている。シリーズの人気の衰えを感じてのことだろう。

メモ

8-7話『第三の目』ネットでは有名なスカリーの「モルダーあなた疲れてるのよ」というセリフ。実際はスカリーがこのセリフを言ったことはシリーズ通してなかったのだが、このエピソードでまさかのスキナーからドゲットへのセリフとして登場する。